勉強法

私立医学部受験2次試験対策の実情

小論文・面接が医学部入試で重視される理由

大学の医学部では、他の学部と異なり、将来人命や健康に直接関わる仕事に就く人がほとんどです。そのため、学科試験の成績だけが評価され、医師としての資質・適性を欠いた人が医学部に入学し、その後医師として働くことになったら、患者に被害が及ぶ可能性が出てしまいます。現に、1980年代後半から医療事故が増え始め、マスコミがそれを報道するようになると、たちまち国民の中に医療不信が高まりました。

 

そこで、1996年に文部省(現文部科学省)が設けた「21世紀医学・医療懇談会」の第一次報告、さらに1999年の第四次報告において、入学者選抜方法の改善の一環として、小論文や面接などを重視すべきであるという提言がなされました。このような事情から、大学、とくに国立は学科試験だけではなく、医師としての資質・適性を問うために、小論文や面接の試験をかなり重視するようになりました。

具体的な小論文対策とは

医学部が小論文を課しているのは、①課題の文章や資料を通して、筆者の主張や資料の内容を客観的に読み解く力があること、②出題者の意図を把握したうえで、自分の主張を筋道立てて説明する力があること、③医師に必要とされる資質・適性や、医療問題・社会問題についての基礎的な知識があること、以上の3点を審査するためです。

 

まず形式面に焦点をあて、小論文の基本的な書き方をマスターする必要があります。小論文を書くうえで最も大事なことは、結論に至るまでの論証プロセスに説得力をもたせることです。採点官を納得させるような説明が求められます。そして、学校の先生や予備校の講師に定期的に答案を添削してもらい、チェックを受けましょう。第三者から添削してもらうことで、自分の弱点を客観的に知ることができ、飛躍的に論述力が高まるのです。一定の論証パターンを体得したら、今度は内容面にシフトし、医系小論文で頻出のテーマについての知識を体系的にマスターします。

 

また、医療問題・社会問題のニュースをチェックしたり、『医の未来』(岩波新書)などの書物にも目を通しながら、最新の事情や深い教養に触れましょう。これにより、AO推薦入試・編入試験にも対応できるようになります。AO推薦入試・編入試験で出題される小論文は、最近の新聞記事を題材としたものや、医師としての資質や適性を問うものが多いのです。したがって、実際の社会のなかで問題となっているニュースを把握したり、命の尊さや人間性の豊かさなど、書物を通じてさまざまな価値観に触れることが必要です。

私立では「落とされない答案」を書く

私立の場合、2次試験で実施される小論文や面接は、あくまでも補助的な判断材料に利用されることが多いでの、「落とされない答案」を書き、常識的な質問対応をすれば問題ないといえます。その証拠に、募集要項には重視とか、段階評価などと書かれているだけで、配点が振られていない大学がほとんどです。ある私立大学の職員は、説明会ではっきりと、小論文をあまり勉強しすぎないでください、大事なのは1次試験の結果です、と明言しておられました。

 

つまり、みんなが書くであろう「模範答案」を作成する、社会常識的な内容をスムーズに答えることができれば落とされることはありません。他の受験生と差がつかないからです。逆に白紙答案だとか、無言で何も答えないだとか、そういう目立つ受験生は仮に1次試験の成績が良くでも、最終合格することは厳しいかもしれません。

国立では本格的な小論文対策が必要

国公立医学部の場合は、人物評価を重視しますし、配点もしっかり振られていますので、本格的な対策が必要です。なかには、英語と融合した小論文を出題する大学もあります。また、AO推薦入試の場合も、長時間にわたって人物チェックや能力審査がなされます。一般入試並みの学力試験がない分、当然小論文や面接は重視されます。小論文は、論述するにあたって論の展開の仕方をマスターするだけでは、内容の深いものを書くことはできません。やはり医療についての基礎知識や最新の医療ニュースへの関心がないと、表面的な論述になってしまいます。さらに、自分の体験談だけを書いてしまと作文になってしまいますので、体験談を書く場合は、それを普遍化し、社会全体の視点から論をまとめる必要があります。よって、定期的に小論文を書いて、しっかり対策をする必要があります。

 

面接は普段のコミュニケーションがしっかり取れていれば問題ないでしょう。ただし、世代や性別の異なるいわゆる大人と話すことに慣れていないと、本番では緊張して話せなくなるかもしれませんので、普段から学校の先生や予備校の講師と話す機会を持つようにしましょう。集団面接やグループ討論では、他者の意見をしっかり聞く力、それを踏まえて自分の意見を筋道立てて説明する力、最後に全体を総括して結論を導く力が求められます。医師には、患者の心の声に対して丁寧に傾聴する能力が備わっていなければなりません。そういう意味でも、複数の受験生がいる試験形式では、試験官だけではなく、他の受験生が何を言っているのかを冷静に聞き取る余裕をもつようにしましょう。