勉強法

必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ⑥生活習慣病と健康観

今回のテーマは、生活習慣病と健康観をめぐる問題です。このテーマは現代社会の中で大きな問題となっています。現代人、最近は子供世代にも広まっている様々な病気に対して、自分の問題としてどう対峙したらよいのかをしかり考えないといけません。とても身近な問題ですので、小論文だけではなく、面接でも問われやすいので要注意です。

1. 生活習慣病

現在、日本人の3大死因は「ガン」「脳血管疾患」「心疾患」であり、これらは生活習慣病と言われている。以前は成人病と言われていたのだが、1996年に、生活習慣の異常が原因で発病する生活習慣病という新しい概念が生まれた。これは、遺伝因子と環境因子によって発病する多因子疾患である。他には、糖尿病・動脈硬化・高血圧・高脂血症・肥満などがある。

 

従来の病気は、原因と結果がはっきりしている感染症が多かったが、最近では、気づかないうちに症状が進行する慢性的な生活習慣病へと日本人の疾病構造が変わってきている。その原因は、食生活の欧米化による過剰栄養、運動不足、仕事での疲労やストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒などが挙げられる。

2. 予防と対策

生活習慣病は、慢性的な生活習慣が原因で発病するわけだから、予防としては、食事や運動、睡眠などの生活習慣の改善が望ましい。また、最近は子どもや若者でも生活習慣病に罹る場合もあるので、学校や会社においても専門家による健康教育を実施して、早い段階から規律正しい生活習慣を身につけることが求められる。そして、定期的に検診を受けて、早期発見・早期治療により病気の悪化を防ぐ必要がある。さらに、生活習慣病は完治が難しいため、うまく病気と付き合いながら生活していけるように、患者の個性に合わせた医療体制の確立が大切である。

3. 健康観

WHO(世界保健機関)によると、「健康とは、単に疾病がない、虚弱ではないだけでなく、肉体的、精神的、社会的に完全に良好(正常)な状態である」と定義されている。しかし、何が正常で、何が異常かは判然とせず、画一的にすべての人間にとっての健康状態を定義することは難しいのである。にもかかわらず、日本人は健康に対して過敏になり、より健康な状態を求めて、テレビやインターネットなどを通して、健康食品や健康器具などを購入するという現象が起きている。まさに現代は健康不安社会である。

 

そもそも、健康という状態は各人によって異なるため、自分にとっての健康を追求する必要がある。生き甲斐をもって生きることが大切なのであって、異常とされる検査結果の数値を気にしすぎて不安になったり、安易にお金で健康を手に入れようとして、健康に関するさまざまな情報に振り回されてはいけない。なかには、非科学的な偽情報が出回り、消費者がそれを信じ込み、商品を買ってしまうという出来事も起きている。

他のテーマについても考えてみよう!

必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ①医療倫理をめぐる諸問題
必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ②人間の死をめぐる問題
必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ③移植医療をめぐる問題
必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ④遺伝子・生殖補助・再生医療
必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ⑤感染症をめぐる問題
必ず出る!小論文・面接試験における最頻出テーマ⑦地域医療と高齢者医療