本科生コース

本科生コースの学習メソッド:夏期

前期で扱った内容の「理解と知識」を何度も繰り返す

前期は分野ごとにテキストの解説を聴くこと(インプット)を通して、「理解と知識」を定着させる学習の積み重ねが大切でした。夏期からは前期で扱った内容をしっかり復習し、穴ができないように、全範囲の「理解と知識」を深めましょう。年間スケジュールがうまく機能しているか確認しながら、そのうえで、1週間単位のスケジュールを調整していきましょう。

年間学習計画表

週間学習計画表

前期に扱った全科目、全範囲の復習を終わらせる

夏期は、前期に抜けてしまった穴を埋める最後のチャンスなので、ここで全科目の復習を終わらせることが重要です。ここで苦手分野が克服できなかったり、基礎知識の漏れが目立つと、後期からの過去問演習が思うように進まなくなるので気をつけましょう。また、医学部の面接では読書についてよく質問されるので、最低でも1冊は読んでおくようにしましょう。

オープンキャンパスやボランティアにも足を運ぼう

勉強の合間を縫って、志望校のオープンキャンパスや医療体験ボランティアなどに足を運んで、パンフレットやウェブには載っていない生きた情報を集めてください。それが医師や大学への志望動機へとつながっていきます。

また、医師体験だけではなく看護師体験にも参加すると、チーム医療に触れることができるので、開催日程をチェックしてみましょう。医学部の面接では志望動機やボランティアについてよく質問されるので、事前に実際の現場に出向いておくと良いでしょう。