ニュース

2014/12/03お知らせ 『ご報告!メディカルフォレスト×ANAによる礼節教育プログラムレポート』

ANAビジネスソリューションの接遇研修

多くの企業や大学がマナー研修を取り入れていますが、マナー研修を行う専門機関のなかで、最も質の高い研修を行っているの会社の一つがANAビジネスソリューションなのです。この会社では、ANAの第一線で客室乗務員を経験された方を専属講師として多くの企業や大学などに派遣しています。

 

医学部受験生にもこうした一流の接遇研修を今の段階から受けてもらい、礼節の基本をしっかり身につけてもらいたいとう願いから、メディカルフォレストではこの講座をオープンしました。

模擬面接

内容については、面接時のマナー、面接時の立ち居振る舞い、身だしなみのチェック、最後に模擬面接といった流れで行われました。その際、実際にビデオカメラで生徒一人ひとりの模擬面接のシーンを撮り、皆さんでそれを見ながら客観的にチェックし合いました。

 

自分の顔や動作は、自分ではなかなか見ることができません。そのため、自分が思っているイメージ上の自分と周りが実際に見ている現実の自分とのギャップを知り、それを埋めていく作業はとても大切です。撮影することで他者の視点をもつことができ、自分がどのように周りに見えるのかをより明確に知ることができたようです。

 

鈴木先生には、女性ならではの視点から、より美しく見える所作を自然にアピールできるように、立ち方やお辞儀の仕方、座り方など、事細かに指導していただきました。品位ある対応は面接官に信頼感を与えます。こうした接遇研修を繰り返した結果、見事に公募制推薦入試で合格を勝ち取った生徒がこの中から誕生しました。

 

ただ、これが単なる受験対策のためのテクニックで終わるのではなく、医師として生涯生きていくうえで、その礎となる素養を習得するものでなければ意味がありません。将来関わるであろう、患者さんや同僚の仲間たちと円滑に人間関係を維持していくには、礼節は欠かせません。そのような “一生モノ” の礼節教育をメディカルフォレストは追い求めています。

セミナー講師 鈴木雅子先生のプロフィール

ANA在職中は、主に国内線を担当し、チーフパーサーとして乗務し、退職後は、エアライン専門学校の主任教官として活躍し、その後はマナー講座の企業研修に携わる。また、複数の大学において非常勤講師も務める。現在は、ANAビジネスソリューション株式会社の専属講師として活躍するとともに、日経就活マナーセミナーのWEB出演など、大学生向けの就職対策講座も開講している。

1557