ニュース

2015/10/05お知らせ 『とある予備校に通ってみたものの、このままでいいのか迷いを感じ始めているあなたへ』

医学部受験の勉強を始めてはみたものの、実際に予備校に通うようになると、いろいろな問題が生じてくることがあります。たとえば、先生が合わない、クラスレベルが合わない、まわりの受講生たちの雰囲気が良くないなど。これらの問題に柔軟に対応してくれる予備校であればよいのですが、規模が大きいところでは一人ひとりに合わせることは事実上困難です。

 

そうなるとあとは、自分でなんとかその環境に適応していかないといけないのですが、それも難しいとなると来年の合格に赤信号が灯ることになります。かといって途中で予備校を変えるのもリスクが伴います。

 

そこで、メディカルフォレストでは気軽に話せる女性スタッフや女子大学生チューターがおりますので、お悩みの方のために相談会を実施しています。入学の案内がメインではありませんので、お気軽にお問合せください。

 

ズルズル悩みを引きずりながらの勉強は必ず失敗しますので注意が必要です。大学選びもセンスが問われますが、自分に合った予備校選びにも鋭い触覚が必要なのです。

0K7A2241 (1)