ニュース

2017/09/16受験情報 『もりだくさん!医学部合格のレベルに到達するのためのテストがラインナップ』

演習力を強化するテストシステム

メディカルフォレストでは、毎朝、毎夕に実施されるチェックテストがあります。化学が月・木の午前、生物が火・金の午前、英語が水の午前、火の夕方、数学が月・水・金の夕方、日本語が木の夕方というように、毎日科目を替えて実施されています。成績は個人ごとのファイルに入力し、グラフ化して面談時に利用します。

 

さらに、5週ごとに授業の理解度をチェックする実力テストや、授業内で実施される週間テスト、年に数回実施される全国の公開模試というものがあります。その結果を受けて、集団授業では漏れる盲点を個別指導や自主ゼミ、基礎ゼミで徹底的に潰します。やはり基礎ゼミや個別指導でのフォロー、医大生をリーダーとする自主ゼミは絶大な効果があります。集団授業や映像授業だと分かったつもりのまま進んでいきます。しかし、いざテストをしてみるとできないことに気づきます。

 

要は、「わかる」と「できる」は違うのです。そこをしっかり認識して、「わかる」を「できる」に変えて行く作業がとても大切です。そのために、メディカルフォレストでは、このような豊富なテストシステムやフォローが備わっています。さらに、夏期では演習量を増やすために、英語、数学、化学、生物、物理の全単元ごとに小テストを用意し、自分の弱点単元を中心にできるまで何回でもテストを受けるようになっています。

+0+0K7A5341