特集

数理の力を強くする方法

勉強法

自分の弱点を把握したら、あとは「反復」あるのみ

今回は、化学科の吉野先生に化学の克服について伺いました。

忘れてもすぐ思い出せるように、復習のサイクルを決める

化学の苦手を克服するのに大切なのは正確に基礎知識を暗記すること、例えばイオンや化学式といったことをしっかり覚えてから解く、ということですね。一旦覚えたことでも、そのまま放置していると忘れてしまいます。忘却のサイクルは人によって異なりますから、1ヶ月で忘れてしまう人は1ヶ月ごと、1週間なら1週間ごと、というように自分の忘却までの期間を把握して、自分に合った復習のスケジュールを立てておきましょう。

 

化学の苦手意識というのは基本的な暗記部分ができていないために問題が理解できない、解けないというところに起因する場合が多いと思います。ですから、基礎知識をしっかり固めてから臨めば恐れることはありません。

 

出題者の意図を考えながら、解き方を分析する

化学にも点数が伸び悩む時期はあります。そんな時は、新しい問題に手をつけるよりも、自分の解答と解説を見比べながら「なぜそういう風に解いたのか」「なぜ解けなかったのか」という分析をしっかりしましょう。出題者の意図を意識して解説を読みながら理解を深めれば、じきに突破できるはずです。さらに、化学も理数系科目ですから、数学的な解法を使う問題もあります。そんなときに数学の計算力が不足しているから解けない、ということがないようにしておかないといけませんね。

反射的に答えられる思考回路を作る

合格している子は穴がないんです。それはやはり復習がしっかりできていて、授業や演習でやったことを試験の場でもきちんと再現できるからでしょう。穴をなくすには「反復」あるのみです。例えば友達同士で問題を出し合い、答え合うというのは効果的な方法ですよ。同じテキストを使って問題を出し合えば、自分で見逃してしまっていたポイントもカバーできます。一問一答、反射的に答えられる思考回路をつくってしまいましょう。

 

上位校を除けば、基本的に入試で問われるのは基礎力ですから、試験で初めて出会う問題というのは滅多にないはずです。類型問題が出ても戸惑わない力をつけておくことが大切ですね。また、意外と盲点なのが定義です。現象の定義はしっかりと、口頭でも、文章でも説明できるようにしておくと良いでしょう。試験によく出る正誤問題に強くなりますよ。消去法で解けない問題までちゃんと解けるようになります。私が受験生だったときも、これと決めた問題集や参考書を一冊、しっかりと仕上げました。いろいろなものに手を出さずに、地道に「反復」するのが合格への近道ではないでしょうか。

勉強法

理数系科目克服のカギは「解き直し」にある

今回は、数学科・物理科の古宮先生に理数系科目の克服について伺いました。

問題を見て、すぐ答えを出そうとしない

私が思うに、理数系科目が苦手な女子はやはり多いと思います。苦手意識を持ってしまっている人が多い、といったほうがいいでしょうか。理数系の科目が他の科目と決定的に違うのは、問題を見てすぐに答えを出そうとしても絶対に無理、ということですね。女子は真面目な子が多いので、出題された内容にそのまま向かっていこうとしてしまう。理数系科目に対峙するには、その前の1ステップが大切です。やみくもに答えを出そうとするのではなく、問題を理解して条件を数式で表す、話を整理する、その過程で答えに近づこうとする、この大前提を忘れないことが理数系科目を解く大きなカギになるでしょう。

 

教科書を一から丁寧に読み込む

さて、理数系科目が苦手だという人に本当に多いのが、問題集だけで勉強し続ける人です。問題集は確かに大切ですが、それと一緒に教科書も片手に勉強をしてもらいたいと思います。問題集にも、公式や解法といった実用的なテクニックは載っていますからそれで十分、と思ってしまいがちですが、それをぐっとこらえて、一度教科書に載っている根本的な話を理解しようとしてみてください。教科書は最初に読むと分かりづらいかもしれませんが、実は一度問題を解いたあとで読み直すと、分かりやすい上に新しい発見があることに気づくはずです。問題を解きっぱなしにしないこと、特に、問題が解けた範囲ほど解き直し、考え直すことが大切です。騙されたと思って一度試してみてください。

もう一度、解き方の流れを意識して解き直す

理数系の科目でよくある相談が、「以前は解けていた問題が解けなくなってしまった」という類のものです。これは、ある程度学習ができてきたからこそ発生するスランプです。学習し始めの頃は、解法、つまり解くための公式やテクニックといった道具の数が少ない状態です。ですからとにかくその少ない道具で問題に立ち向かう。うまく当たれば解けてしまいます。しかし、学習が進むと使える道具が増えてきますから、選択肢も増えるわけです。すると、問題にどの道具使ったらいいかがわからなくなってしまう。しかし、それは大変いいことです。

 

ここからが肝心ですが、解けた問題を意識して解き直すと、どの問題にどの道具を使えばいいかという道筋がだんだんわかるようになってくるはずです。覚えた知識の整理をすれば、基本のレベルから発展のレベルへと進んでいけます。私のかつての教え子の中に、数学の公式や解法を全部覚えようとしてしまう子がいました。その子はまだ現役の高校生でしたが、私はその姿勢では頑張っても医学部合格は厳しいのではないかと思っていました。しかし、最初は暗記でもいいから、そこから理解しよう、自分で解答をつくれるようになろう、という私の指導を素直に聞いてくれ、解き直しという、ある意味億劫な勉強に時間を使うことを嫌がらずにやってくれました。その結果、浪人はしましたが最終的には志望した医学部へ合格していきました。

 

みなさんも覚えようとするところから、理解しようというところへ意識を持っていくことができれば、苦手の克服は可能だと思います。また、最初は分からなくてつまらないと思っても、ある程度のラインを越えれば解くのが楽しいと思えるようになってくるはずです。物理も数学も本来は楽しいものです。ぜひ、楽しんで勉強してください。

大学情報

私立医学部配点表&志望校選びのポイント

配点から探る、自分に合った志望校選び

試験科目の配点は大学によって異なります。例えば、英数理の配点が均等に振られている大学、英数の配点が高い大学、英理の配点が高い大学などがあります。仮に女子で英語が得意な人なら、順天堂や東邦、埼玉医科、近畿あたりが有利でしょう。また、数学が苦手な人なら、競争相手に男子のいない東京女子医科が合うかもしれません。もちろん、大学それぞれの個性がありますので、実際に過去問を解いて、相性を確かめることも重要です。

数学に引きずられないで

医学部受験では多くの受験生が数学で苦しむ傾向にあるのですが、苦手な数学に振り回されて、せっかく得意な科目まで勉強意欲が削がれ、全体的に成績がダウンしないように注意しましょう。どうしても苦手な科目とは標準レベルの問題だけに限定し、あとは過去問の傾向を分析し、毎年のように繰り返し出題されている分野を集中的に勉強することが大切です。とくに数学は大学により出題傾向がかなり異なりますので、必要な範囲に絞って対策をするほうが得策です。

 

たしかに、数学はやればやっただけ成績が上がるとは言いにくい性質があり、膨大な単元の量と難解な原理や思考に圧倒され、数Ⅲになるともう手も足も出なくなる受験生が少なからずいます。しかし忘れてはいけないことがあります。それは合格は、総合点で決まるということです。どうしても苦手な場合は、そこに目を向けるのではなく、得意科目や得点源にしやす科目を徹底的に磨き上げるようにしたほうが勉強がはかどるはずです。

時間配分や解く順序の研究も大切

試験時間にも注意が必要です。大学によって時間が異なりますので、時間配分を間違えると大変なことになります。また、すべての科目や理科2科目をまとめて解く場合、時間がかなり長くなるため、体力を消耗してしまい、集中力が切れてきます。そういう意味で、普段から長時間でも安定して得点できる実力を養成する必要があります。加えて、複数の科目をまとめて解く場合、解く順序をあらかじめ研究しておかないといけません。得意科目から一気に解いたほうが良いのか、十分な時間があるうちに不得意科目から解いたほうが良いのか、人によって異なります。

 

これらを踏まえて、配点表をしっかり研究してください。合格にはいろいろなパターンがあるので、大学が決まったら、前年度の合格最低点を調べ、自分ならどの科目で何点取れば総合で最低点を上回るのか、を考えましょう。そもそも、合格は偏差値ではなく、素点で決まります。模試の判定に振り回されないように、素点に注目して戦略を練りましょう。合格の具体的な目標が見えてくるはずです。

女子のポイント

やるしかない!数学でお悩みの女子受験生へのアドバイス

女子にとっての数学のワナ

まず、数学が苦手だ、と言っている生徒は「どこまでは理解できていて、どの部分が不明瞭なのか。どの解説が自分の中で消化できていないのか」という自分の中にある理解度を把握していないことが多く、その状態で「証明や使える条件などを気にせずにとりあえず定理や公式を覚えるだけ覚えました。基本問題は解けるようになったのですが、なぜこうすると問題が解けるのかはよくわかりません」という流れに乗ってしまうと非常に危険です。

 

このときに使っている定理や公式は本当の意味での自分の知識ではありません。借り物の知識です。借り物だからそれを使った自分の解答に自信を持てなかったり、見慣れないタイプの問題に出会ったとき、その公式を使っていいのか、どう使えばいいのかがわからなくなるのです。

そうだ、教科書から始めよう!

では、自分の理解度を把握し、定理や公式を自分のものにするにはどうすればよいのか。まずは教科書を読んでみてください。問題集ではありません。参考書もいいですが定理や公式の説明が省かれていないものにしてください。

 

「教科書なんて簡単なもので……」と思う人も多いようですが前述したように理解度を把握するために行う作業なので、初見の難しい参考書では逆によくありません。難しい参考書は教科書を完璧にこなしてからでいいですし、それ以前に教科書は言うほど簡単ではありません。

 

また、教科書を読み直す際には必ず用語や定義の説明を読み飛ばさずに熟読すること。公式は(ごく一部を除いて)自分で証明できるようにしましょう。公式の証明の流れが入試問題の解法に組み込まれていることは多々あります。例題は解答例を見ずに解き、解けても解けなくても解答例をチェックしてください。解けなかった場合はその後「解答は見ずに」もう一度解きましょう。もし、このとき解法に詰まった個所があったら、そこが「自分がわかっていなかったところ」です。

 

このような流れで一度でも教科書の読み直しをすればごちゃごちゃだった知識が整理され、視界がクリアになります。また、教科書を読んで少し粘ってもわからない個所があったらそれはそれでいいのです。そのときは私たちに質問をしてください。喜んで解説します。

 

この教科書の読み直しはその後の勉強の効率も上がります。同じ授業でも読み直しをする前と後では別物に感じることがあるくらいです。しかし、落ち着いて教科書をしっかりやり直す、という作業ができる時期は限られています。夏や秋は別にやるべき事があるので、できれば春のうち、どんなに遅くとも6月中には終わらせておくとよいでしょう。

問題集も忘れずに!

それと並行して、ちゃんとした標準的な問題集を1冊仕上げてください。とりあえず解きました、ではなく解法の流れを意識して解きましょう。難易度の高い問題集である必要はありません。できればキッチリ3周。すでに1周したことのある問題集なら2周でいいと思います。毎日最低2~3時間は数学に使うつもりで取り組んでみてください。丸一日を使って一気に、ではなく毎日コツコツと進めましょう。

 

「やった事のあるパターン問題を悩みながら解きました。時間は多少かかったけれどちゃんと正解できました」高校1~2年生ならそれで十分ですし、問題集1~2週目なら解法を理解しているかどうかチェックしながら進めることになるので時間がかかっても仕方ありません。

 

しかし、最終的にはこれでは足りないのです。標準的な問題、パターン問題ならば見た瞬間に解法の流れがわかる。解いていくうちに次に何が起きるのか予測がついた上で解き進められる。これが医学部の数学で合格ラインを取るのに必要最低限なスキルだと思ってください。

 

そしてこれが応用問題を解く上でも強力な武器になります。「習うより慣れろ」という言葉がありますがそれと似たようなもので、集中的に数学に触れ、標準問題に慣れることで応用問題と対峙した際に余裕が生まれます。「何がわかれば、どう考えれば、いつもの解法パターンにもっていけるのか」「この問題の条件だと、最終的にどんな解法の流れになりそうか」そういった思考ができるようになります。

 

また、標準レベルまでがしっかり固まってさえすれば、発展レベルの話も頭に入ってきやすくなるので、授業で扱われる難しい問題の「本当のポイント」がぼやけず、明瞭に見えてくるはずです。

発展レベルへの旅立ち

その上で思考力を問われるタイプの問題(授業で配られる発展問題や入試問題など)をじっくりと考える練習をしましょう。これは問題集を大体2周したら問題集と平行してやってみてください。ただ、最初は毎日のようにやる必要はありません。1週間に2~3問程度でいいと思います。

 

ここで大切なのはどんなにわからなくても最低15~20分程度は何も見ずに自力で考える、ということです(問題集の方はある程度考えて全然わからなかったらさっさと解法を見て構いません)。始めのうちは「全然わからないのに考えるのは時間の無駄だな」と思ってしまうかもしれませんが、この「自分で考える時間」というのが必要なことなのです。

まとめ

そろそろ話を終えましょう。入試問題を解くためには、まず基礎を固めて数学に慣れてください。パターン問題は覚えるだけでなく、理解することを意識しましょう。そのうえで解法の方針を探す、方針が間違っていそうなら戻って新たに立て直す、という練習をしてみましょう。

 

しかし、その練習を市販の問題集などを使い独学で行う、というのは無茶な話ですし、一人でやるのはもったいない事です。わからなかったところが理解できたり、難問にチャレンジした後は、ぜひ先生に話を聞いてもらいましょう。解法に対する質問だけでなく、自分はどう考えたのか、この考えではだめなのか、等々いろいろと語り合ってください。難問について先生と語り合う、というのは数少ない数学上達への近道です。

高1・2生へ

数学に苦しむ受験生を救うための特選カリキュラム

科目の枠を超えた学び方

限られた時間の中で、誰よりも勝る学力を身に付けるなら、「記憶力だけに頼る」方法はあまり合理的ではありません。また、「授業をうけて概要を理解し、テストで解答力を高める」という一般的な学習方法にも、やはりムダはあります。

 

その理由は、どの科目にも「共通する基礎」があるのに、それらを強化していないことにあります。「共通する基礎」自体は中学校で学ぶような内容ですが、「思考力と応用力」につながる大事な部分です。科目ごとの授業に加え、これを十分に強化することが、解答力を高め全体の成績を底上げする効率的な学習法と言えるでしょう。

 

「数理的処理トレーニング」と「論理的言語トレーニング」

「計算する能力が必要な科目は?」と考えた場合、一般的には数学が挙げられます。しかし、実際は理科の問題を解く場合も簡単な計算が発生します。「数理的処理トレーニング」とは、スピーディかつ的確に解答するための数量的処理能力を高める授業です。

 

たとえば、そもそも「単位」とは何か、そういう根本的なところから解説したり、ミスが出にくい効率的な計算法を丁寧に伝授します。むやみに計算するのではなく、頭のなかで全体をイメージしながら、ポイントを図示し、なるべくシンプルに解答をつくり上げていきます。こうした思考法を鍛えることによって、数学や理科に欠かせない「解答の速さ」と「計算の正確さ」がアップします。

 

さらに、メディカルフォレストでは数学の集団授業に加えて、数学の個別指導を毎週2コマ、カリキュラムに乗せています。集団授業で理解できなかったところは、自分と相性が合う先生による個別指導でフォローできます。女子の場合は先生との相性もかなり重要です。そして、個別指導ではダイレクトに自分の脳髄に内容が叩き込まれますので、確実に弱点を克服できます。

 

また、「論理的言語トレーニング」という、文脈を押さえて、「本文の要旨」や「言葉の意味」を理解する力を高める授業も行います。これにより、日本語や英語という枠を超えて論理的思考力が深まり、丸暗記を最小限に抑えることができます。

 

いくら医療系の英単語をたくさん記憶しても、知らない用語は必ずテクストに出てきます。であるなら、バラバラに英単語を覚えるのではなく、知らないことを前提に、その意味を類推する「文脈力」を鍛えるほうが賢明なのです。東邦大学のような英文や岩手医科大学のような英語の空所補充問題はまさにこの「文脈力」が問われているのです。

 

このように、科目の枠を超えて異なる科目の講師が協同して取り組む本格的なトレーニングは、メディカルフォレストにしかない「戦略的学習カリキュラム」です。根本的な基礎学力を鍛錬することで、多くの女子が苦手とする数学で固く守り、英語で攻める戦術を体得します。

勉強法

伸び悩み・スランプから抜け出すために

スランプになったら、どうやって乗り越える?

勉強をしている中で、一度は経験する点数の伸び悩みやスランプ。特に、女子が苦手な理数系科目では、もともと持っている苦手意識もあったり、時間をかけて勉強しているのになかなか点数が伸びなかったりといった悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。そんな時に、スランプから抜け出すための3つの対処法をお教えします。

1 基本問題だけをやって、解ける感覚を取り戻す

まずおすすめしたい方法はこちら。苦手科目の教科書を読み直しながら、基本問題だけを解いていく方法です。どんな科目にも基本・標準・応用・発展という問題のレベルがありますから、その中でも最も根本の部分、基本問題を解くことでその科目の考え方に向き合ってみましょう。教科書を見ながら解き方の流れを意識して解くことで、「解ける」という感覚を取り戻します。自分自身で見落としていた理解の穴を発見できることもありますよ。

2 自分の好きな科目から勉強する

どうしてもその科目に向き合う気持ちになれないときにおすすめの方法です。苦手な科目にずっと向かっていると、できないことそのものに落ち込んでしまいがち。「私はできない」と思い込んでしまうことは、勉強や受験そのものへのモチベーションダウンにつながってしまいます。そうなる前に、自分の得意科目、好きな科目の勉強に切り替えてみましょう。合格は結局のところ総合点での勝負です。苦手な科目があっても、得意な科目である程度カバーすることができれば問題ありません。「私にはできる科目があるから、とにかく基礎問題だけでも解けるようになろう」とか、「この形式の問題だけは絶対に解けるようにしておこう」など、苦手科目にも前向きに取り組めるようになるはずです。

3 勉強を一旦やめて、音楽やスポーツなど好きなことをやる

どうしてもペースを取り戻すことができない、そんな時は思い切って勉強から一旦離れて、気分転換をしましょう。マイナスの気持ちのときは、何をやってもマイナスの方向へ向いてしまいがちです。ですから、好きな音楽を聴く、体を動かす、好きなものを食べる、マッサージを受けるなど、今までの流れを断ち切る意味で勉強以外のことをしてみてください。そうすることで、次に問題集に向かったときに、以前自分がわからなかった箇所がすんなり理解できた、ということもあります。また勉強に戻れるかどうか不安な人は、時間を細かく決めて休憩したり、近所まで散歩に行ったりするだけでも頭がスッキリするのではないでしょうか。

スランプになっても、前向きに捉えよう!

そもそも、スランプは勉強しているから陥るのです。勉強していなければ、スランプはやってきません。つまり、スランプは成績が伸びる前兆と考えましょう。合格に少しずつ近づいている証拠だと思って、前向きに肯定的に受け入れてください。「やればできる、絶対できる!」と自分におまじないのように言い聞かせて、気持ちを切り替えましょう。人生、ときにはハッタリも必要なんです。どうせスランプは一時的なものに過ぎないのですから。大丈夫、必ずサクラの咲く季節はやってきますよ。

特集「数理の力を強くする方法」TOPへ