講師紹介

『確実に理解する』ことで
必ず数学は克服できます

数学
吉田 健治
国際基督教大学教養学部人文科学科卒業
  • 高1・2生
  • 高3生
  • 高卒生

考えて解く、数学の「楽しさ」に気づいてほしい

勉強が得意な女子であっても、やはり不得意な人が多いのが数学です。公式や解法を暗記することはもちろん大切ですが、それらを使いこなす思考力が問われる科目ですから、そこに慣れていかないとなかなか成果が出しにくいかもしれません。問題を分析して公式を活用する、考えて解く楽しみというのは学校の勉強ではなかなか見いだしにくいものかもしれませんが、自分で繰り返し問題を解くうちに、そういった楽しみ方に気づけるとよいですね。

 

学校、講師、友達まで、とにかく活用することが大切

勉強のアドバイスとしては、解法ごと覚えてしまうというのはやめて、つまずくポイントがあれば自分が納得するまで質問して確実に理解するのが大事です。学校の先生や教科書、参考書に加えて、私たち講師、一緒に学ぶ友達もしっかり活用してください。 男子と比べると、女子にはやはり環境が大切だと感じます。同じような志望校を目指す人や、同じ境遇の人、目標となる人の存在は、勉強へのモチベーション向上に大変効果的です。助け合うことをためらわず、ともに向上する気持ちを持つと効率もぐっと上がると思います。

近年は私立医学部の倍率も軒並み上がっていますから、医学部であればどこでもいい、という考えの方ではやはり合格は難しくなって生きているのではないでしょうか。志望校が固まっていないと、すぐにいろいろな学校の入試問題に振り回されてしまうことにもなりかねません。まずは大学が求める学制像と自分の適性とを見定め、志望校を絞り込んで勉強するとよいですね。

合格実績

順天堂・日本・東邦・昭和・埼玉医科・獨協医科・北里・帝京・金沢医科・愛知医科・藤田保健衛生・岩手医科・福岡・川崎医科など

吉田 健治 先生からのメッセージ

高1・2生へ

今の段階で学んでいる数ⅠA・ⅡBについては理論からしっかり理解しておきましょう。時間があるうちに、3年からの数Ⅲの勉強の素地を作っておくのが大切です。

高3生へ

数ⅠA・ⅡBに加えて数Ⅲの範囲も加わってきます。まずは理論を理解しながら暗記し、演習でそれを使いながら理解を深めるという勉強の癖をつけましょう。

高卒生へ

まずは全範囲の総ざらいをして、自分の苦手と抜けのチェックをしましょう。一度にやると範囲が膨大ですから、単元ごとにつぶしていくのがいいでしょうね。