講師紹介

解ける実感を味わってもらうまで
何度でも丁寧に説明します

数学
古宮 純
早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了
  • 高1・2生
  • 高3生
  • 高卒生

覚えて解くのではなく、理解してから解く

私立医学部受験における数学で、合格ラインに達するためには、やはり「標準問題が解ける」というだけでは足りません。解くだけであれば、とにかくパターンを覚えてしまえばよいのですが、それだと実際の試験で少しひねった出題をされただけで解けるはずのものもとけなくなってしまいます。必要なのは覚えて解くのではなく、理解してから解くという意識です。

 

数学的思考を養うことにきちんと意識を向けないと、医学部受験には対応できません。同じ「解ける」問題でも、作業的に解いているのと理解に基づいて解いているのとでは、まったく意味が違います。教科書を読む、問題を解く、解説を読む、そしてもう一度自分で解答を作る、この流れをしっかり反復しましょう。自分で解答を作ったときに、手が止まる場所があれば、そこはまだ理解できていないということです。

 

前向きに、楽しむ気持ちで数学に臨もう

女子は、男子と比べて問題が解けないことに対してネガティブになってしまいがちです。ですが、問題のなかには当然解けないものも出てきます。そんなときに、解けなかったことに悩むより、なぜ解けなかったのか、どうすれば解けたのかという方に意識を向けて、前向きに捉えてほしいと思います。数学の苦手意識から脱却するには、数学とじゃれ合ってみること。楽しむ気持ちがあれば、学力も伸びやすくなると思います。

合格実績

大阪・京都・大阪医科・関西医科・日本医科・順天堂・自治医科・近畿・福岡・久留米・藤田保健衛生・愛知医科・埼玉医科・北里・東京女子医科など

 

古宮先生のインタビュー動画記事

理数系科目克服のカギは「解き直し」にある

古宮 純 先生からのメッセージ

高1・2生へ

週に1、2問でいいので、難しい問題をある程度時間をかけて解く練習をしましょう。思考する習慣になります。また、高の秋から数Ⅲに取り組んでおくべきだと思います。

高3生へ

数Ⅲは夏までに極限・微積まではやっておきましょう。学校の授業でカバーできなければ自学がマストです。そうすれば、秋以降には応用・過去問に時間をかけること.ができます。

高卒生へ

自分の数学の基本になるような問題集を1冊決めて、夏までに2周は解きましょう。それによって自分の苦手分野がわかるはずですから、それを標準レベルまで。基本的な問題集を持っておくとスランプの時の知識整理にも役立ちます。同じものを最低3周は解きましょう。