講師紹介

医師になってからも通用する
ホンモノの英語力を

英語
小川 雅彦
早稲田大学法学部卒業
  • 高1・2生
  • 高3生
  • 高卒生

将来、海外の論文を読むための英語力を養う

英語に限らず語学系の科目に共通することですが、まずは単語、熟語、文法といった基礎知識をしっかり身につけることが大切です。さらに、英語の試験問題では、本文の論理構造を押さえながら要旨を読み取ったり、単語の本文中における意味を文脈で規定して訳出したりといった読解力・推察力も必要になってきます。それらの土台になる日本語の力も必要です。

 

さらに、外国語を学ぶことは日本語以外のフィルターを通して、世界を垣間見ることを意味します。英語を単に受験に必要な科目として学ぶのではなく、英語を通して世界を広い視野から見ることを学んでほしいと思います。英語力は、医師として今後生きていくうで、海外の論文を読むなど、一生の財産となるはずです。

 

筋道を丁寧にたどる学習を心がけて

受験は総合力の勝負ですから、英語の力を伸ばすだけでなく、その他の苦手科目を作らないようにしておくことも大切ですね。とくに女子受験生には、筋道を丁寧にたどっていくことを大切にしてほしいと思います。

 

英語であれば、言語ですから直感的に分かることもあるのですが、例えば数学はそうはいきません。途中の論証過程や計算過程を面倒くさがらず、丁寧に論理を追っていきましょう。すべての教科をバランスよく学び、苦手科目については、他の得意科目でカバーできるくらいには力をつける必要があります。

合格実績

千葉・信州・筑波・東北・秋田・防衛医科・慶應義塾・日本医科・東京慈恵会医科・順天堂・日本・東京女子医科・北里・東海・金沢医科・東邦など

 

小川先生のインタビュー動画記事

医学部合格のために絶対に必要な3つのポイント

小川 雅彦 先生からのメッセージ

高1・2生へ

まずは学校の授業を大切に、また単語や熟語などの暗記にはしっかり取り組んでください。学校の定期テストでは90%取る、など、目の前の具体的な目標に向かって走ってください。

高3生へ

現役で受かるには、受験までのスケジュールをきちんと立てることが大切です。学校のペースとは別に、自学計画を立て、遅くとも夏までには教科書全範囲を読破しましょう。

高卒生へ

自分の学力をしっかりと把握し、まずは安定した得意科目を1つ作りましょう。そうすれば、なにかで躓いても大きな失敗にはなりません。あとは、苦手科目・苦手分野を着実につぶし、合格ラインへ近づけていくことが大切です。