講師紹介

正しい方法と適切な反復で
英語は必ずできるようになります

英語
主任
田中 恵介
東京大学文学部言語文化学科卒業
  • 高1・2生
  • 高3生
  • 高卒生

勉強の方法に無頓着では点数は伸びない

長年にわたり、一般の予備校、塾、医系予備校で教鞭をとってきて感じるのは、正しい言語認識を踏まえ、適切な反復を行えば英語は必ずできるようになる、ということです。 女子は英語が好きで、勉強も続けられるという方が大変多く、英語を得意科目にできる可能性が高い。しかし反面、何をどのように勉強するかという方法の部分に無頓着な場合が多いという印象です。時間をかけているのになかなか点数が伸びていかない、という場合には、一度勉強方法の見直しをしてみる必要があるかもしれません。

 

生徒の可能性を信じる講師でありたい

英語の習熟度は個人差がありますから、まずは自分の弱点を知り、それを克服するための適切なアプローチを行うことが大切です。そのためには学校や予備校の先生にどんどん相談して、客観的なアドバイスを受けるのがよいでしょう。

これまでに東大、国立医学部、早慶上智、私大医学部等の難関大学に多数合格者を出してきました。そんな中でも「生徒が前向きに英語に取り組んでくれるようになった」こと、「生徒が充実感をもって英語を勉強できるようになった」ことにもっとも喜びを感じます。どんな状況であっても、最後まで生徒の可能性を信じられる講師でありたいと思っています。

合格実績

東京・東京医科歯科・千葉・新潟・北海道・名古屋・岐阜・防衛医科・慶應義塾・自治医科・東京慈恵会医科・昭和・順天堂・東邦・日本医科など

 

田中先生のインタビュー動画記事

一度軌道にのると、崩れない女子は強い!

田中 恵介 先生からのメッセージ

高1・2生へ

できるだけ早い時期に文法を完成させましょう。早期からの単語反復で語彙力をつけ、継続精読で解釈の力を伸ばすことを意識すると良いでしょう。

高3生へ

精読の訓練を継続しつつ、徐々に長文読解演習にも取り組んでいきましょう。問題形式別の演習を繰り返すことで文法をしっかりと定着させていきます。

高卒生へ

文法理解・語彙力強化・継続的な精読を並行して行いつつ、問題形式別の演習で知識定着が基本です。あとは、自分の理解度や苦手分野に合わせて効率的な学習プランを立てることが大切です。