医学部受験は甘くない
志望校“以上”の実力で臨んで

東邦大学医学部医学科 正規合格
WSさん 黒沢尻北高等学校出身
  • 高卒生
  • 高3生
  • 高1・2生

4浪を経て掴んだ医学部合格、過去の自分に伝えたいこと

私は4年間の浪人生活を経験しました。振り返ると、1、2年目の自分は医学部受験というものに対し、あまりにも無知だったと思います。正直、医学部受験を甘くみていました。「浪人していれば、いずれは受かるだろう」と思っていましたし、遊びにも行っていました。しかし現実は違いました。

私は3浪目でようやく医学部受験の現実と自分の実力不足を痛感し、4浪目になってからは毎日12時間以上も死に物狂いに勉強しました。その結果、合格を勝ち取ることができましたが、今の私から浪人を始めようとしている私に対してアドバイスができたのなら、もっと早く医大生になれたのではないかなと思っています。

医学部受験の厳しさと合格を掴むための力

まずは医学部受験とはどのようなものなのかを知らなくては何も始まりません。医学部受験には、定員100人程度の枠を争って、全国から3,000から4,000人程度の受験生が集まってきます。そして、たった60分程度の試験時間の中で、答案用紙という紙切れ一枚に今までの努力の跡を残さなくてはならないのです。

試験に向けて、どれだけ一生懸命勉強していたとしても、その試験で力を発揮できなければ意味がありません。身内からは「頑張っていたよね」と努力を評価されたとしても、社会からの評価としては「あと1点で合格だった」という人も「全く勉強をせずに白紙で答案を出した」という人も同じなのです。ですから皆さんは、ただ勉強を頑張るだけではなく、「本番で合格に繋がる力」を身に付けなければいけません。

では、「本番で合格に繋がる力」とは何かと言うと、「失敗しても合格するだけの学力」ということです。

試験本番では何が起こるか分かりません。1教科でも失敗すると難しいと言われている医学部受験で合格を掴むためには、志望校相応の学力ではなく、志望校以上の学力を身に付けておく必要があるということです。

そのためには勉強するしかありません。今、あなたがこうして私の合格体験記に目を通してくださっているこの瞬間にも、来たる受験日に向けて必死に勉強しているあなたのライバルが全国にはたくさんいます。皆さんが挑戦しようとしている医学部受験は簡単なものではないということをしっかりと認識した上で「それでも私は受かるんだ!」という気持ちを絶やすこと無く、気を引き締めて努力してほしいと思います。

感謝の心を忘れないことも医師の素養のひとつ

毎日が辛く、苦しい受験勉強が続いている中でも、自分を支えてくださっている周りの方々に対しては、常に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。くじけそうなときは、親や先生、仲間でもありライバルでもある友達にどれほど助けられているかを考えてみてください。プリント1枚にも、時間を割いて作ってくださっている先生方がいることを忘れないでください。

金銭面などの問題から受験や浪人を諦めるしかない人たちが全国にはたくさんいます。そんな中、あなたは受験することや浪人することを許していただいて、たくさんの人の支えのもと勉強することができているのです。受験というのは多くのことを犠牲にしなければいけません。遊びたくても遊び時間を削って勉強しなければなりませんし、恋愛なども勉強と両立することは難しいと思います。私は成人式などの人生の中で大切なイベントにも出ていません。辛いことが多いと思います。しかし、そんな時こそ、受験は自分一人のものではないんだということを思い出してください。受験できることを幸せに思いながら、自分を支えてくれている人たちのためにも頑張ろうという気持ちで頑張ってください。謙虚な気持ちを持つことは、医師になってから最も大切なことだと大学の先生方もおっしゃっていましたし、まさにそれが医師としての素質なのだと思います。

最後になりますが、たった数カ月の努力次第で、あなたの人生は大きく変わります。受験が終わる最後の最後まで、絶対に諦めないでください。来年の春を、皆さんが笑顔で迎えられることを心から祈っています。

WSさんのお母さまより

最後まで本当に一生懸命がんばってくれたと思います。決めたことは最後までやり抜く子だったので、頼もしいです。いろいろ苦労した分、周りの人への感謝の気持ちを忘れずに、自分の夢にむかって歩んでいってほしいと思います。

途中で交通事故に遭遇したときはびっくりしました。受験勉強の真っ只中でそのような出来事に出会うのは不運としか言いようがなかったですが、それでも負けずに気持ちを振り絞って前向きに走り出すところをみて、本当に医師になりたいんだなあと実感しました。

最後に、予備校の先生方やスタッフ、まわりのお友達に娘がお世話になり、本当にありがとうございました。

担当スタッフより

WSさんは芯が強く、ブレないところがすばらしいです。何年も勉強しているとやる気が起こらず諦めようと思ったり、さまざまなトラブルが襲ってきたりすることもあったと思います。交通事故にあい、怪我をしてしまったときも、すぐに立ち直って勉強を再開しましたね。人よりたくさん苦労した分、人の気持ちがわかる優しい医師になることができると思います。