学校案内私たちの特徴

完全定員制の「集団授業」と「個別指導」

集団と個別の「良い所取り」学習

集団授業は同じ目的をもった仲間と競い合いながら切磋琢磨できる一方、授業進度が合わずに分からないところが出てくると、そのまま放置してしまいかねません。その結果、成績が思うように伸びず、やる気が削がれるという、負のスパイラルに陥ってしまいます。対する個別指導は、分かるまで付きっきりで指導してもらえる一方、競争するライバルがいないので刺激がなく、モチベーション維持が困難です。また、個別指導の質問しやすい環境が皮肉にも、なんでもすぐ質問する癖を芽生えさせ、自分でじっくり考える力を衰退させてしまいます。そこで、メディカルフォレストでは、両方の良いところを組み合わせたカリキュラムを採用しています。集団授業ではまわりと競い合わせて学力を伸ばし、一方の個別指導では、弱点補強や過去問対策をするにあたって、一人ひとりのペースに合わせ、完全に分かるまでフォローします。

反復学習と各種テストでモチベーションを保つ

知識の定着に欠かせないのが反復学習です。そこで、集団授業や個別指導で得た「分かる」を、復習タイムでの反復学習によって「できる」に変えていきます。復習タイムでは担当講師が残ってコーチングしたり、現役医大生チューターが待機してサポートしたりしていますので、授業外の勉強もスムーズです。こうした反復学習を通して、ゆるぎない学力をすべての生徒に身に付けてもらいます。また、定期的に実施する復習テスト、月例テスト、公開模試などの各種テストで到達度を確認し、目に見える形で成績の上昇を実感しながらモチベーションを維持していきます。

きめ細やかなサポートと豊富なイベント

完全定員制だから実現できるトータルサポート体制

メディカルフォレストでは、受験勉強を始めるにあたって、個別のコンサルテーションを行います。まず、6科目それぞれの主任講師が、生徒一人ひとりの志望大学の選定や弱点補強、過去問への取り組み方、勉強法のアドバイスなどについて、専門科目の立場から意見を出し合います。それらを統合して、生徒にフィットした緻密な戦略を立てるのです。その後も経過観察をしながら、必要に応じて速やかに戦略を練り直し、軌道修正して最終合格へと導きます。こうしたきめ細やかなサポートは、完全定員制だからこそのものです。

意欲を高める様々なイベント

朝から夜まで、年間を通して同じペースで勉強していると、精神的にも体力的にも辛さを感じてしまいます。そこでメディカルフォレストでは、気分転換やモチベーションアップを図るために、バラエティに富んだ月例イベントを企画しています。たとえば、合格者や女性医師を囲んでの座談会、お茶会、お食事会で気分を高めたり、ヨガで集中力を養っています。また、オープンキャンパスツアー、ANA面接マナー研修、高齢者や障がい児施設でのボランティアなどは、2次試験対策になるだけでなく、医師になるためのモチベーションや「人間力」を高めるためのものでもあります。こうしたイベントを通して新たな発見を得たり、受験仲間同士の絆を育むことは、受験という苦難を乗り越える糧にもなるのです。

数理の学力を着実に引き伸ばす授業

解法の暗記ではなく思考力の養成を目指す

一般的に女子が苦手としている理数系科目は、医学部受験には必須の科目でもあります。苦手科目だからといって思考停止したり、解法の暗記に頼っていては医学部入試には対応できません。そこで、メディカルフォレストでは筋道を立てて考える力を身につけるための学習を心がけています。多くの受験生が意外と気づいていないところでもありますが、同じ「解ける」問題でも、作業的に解いているのと理解に基づいて解いているのとでは、まったく意味が異なります。また、教科書に載っている知識を持っていることは大切ですが、単純に丸暗記して、諳んじて言えても意味がありません。情報を知識として理解できていて初めて問題が解けるのです。逆に言えば、問題が解けないのは理解できていないということです。この意識を持って理数系科目の勉強を進めることが大切です。

生徒の得意に合わせた指導で着実に学力を伸ばす

受験という限られた時間の中で苦手科目に対峙する際、最も大切なのは自分の適性に合った学習方法を選ぶことです。どんな生徒にも得意分野があります。たとえば「覚える」「考える」のどちらが得意かということを見極め、自分の適性に合わせた課題選択を行うことで、効率的に力を伸ばすことができます。メディカルフォレストの個別指導では、暗記が得意な生徒に対しては進度に合った思考力を鍛えるための演習を繰り返す、暗記が苦手な生徒には資料や画像など実際の視覚情報と照らし合わせながらの知識定着に時間をかける、といった個別の指導対策をとっています。こうした、オーダーメイドのカリキュラムを適切にこなすことで結果は必ずついてきます。

柔軟なカリキュラム編成

6つの基幹講義と特別基礎講座で、ボーダー突破力を高める

メディカルフォレストでは、1年で合格水準に到達する実力を身に付けるために、英語科、日本語科、生物科、化学科、数学科、物理科の6つの基幹講義を学習のベースとしています。これに加えて、理数系科目に絶対欠かせない計算力を鍛える「論理的言語トレーニング」や、日本語を基盤にした論理力を鍛える「論理的言語トレーニング」、多くの女子受験生が苦手とする数学の弱点を補強する「個別数学」などを組み合わせながら、生徒一人ひとりのレベルに合わせたカリキュラムを編成しています。

成績状況を踏まえて組み直されるカリキュラム

後期からは、人によってカリキュラムが異なります。数学が苦手な人は集団授業から「個別数学」に切り替えたり、過去問演習を強化したい人は「過去問ゼミ」に参加したり、多種多様です。人や時期によって処理能力は異なりますので、現状に合わせてカリキュラムが柔軟に編成されていきます。

ただ、合格者の水準を保たなければなりませんので、生徒のペースに合わせるだけではいけません。このままのペースでいくと合格が危ぶまれる生徒には、講師やスタッフが保護者の方と親密に連携をとりながらカリキュラムを調整していきます。そういった意味で、完全定員制だからこそできる、きめ細やかなフォロー体制が整えられていますので、授業についていけなくなったり、放置されるようなことは絶対にありません。