保護者の皆さまへ

医学部合格には
保護者の皆さまの
深いご理解と
ご協力が欠かせません。

生徒、保護者、予備校が一丸となって
はじめて医学部合格は勝ち取れる

近年、医学部入試の倍率は年々上昇しており、受験生にとっては非常に厳しい状況です。医学部ならどこでもいいから受かりたい、などという安直な動機では、合格を勝ち取ることは難しいでしょう。確実に合格を狙うには、自分の現状を客観的に分析したうえで自分の立場を謙虚にわきまえ、志望大学を絞り、志望大学と自分の現状とのギャップを埋めるために必要な勉強量を毎日コツコツとこなす必要があります。


医学部受験の厳しさは、そのまま医師としての適性を問うものでもあるのではないでしょうか。飽きっぽい、すぐにくじけてしまう、自分勝手すぎるといった生徒は、そもそも人命を扱う医師に向いているとは言えませんし、当然、熾烈な医学部受験の競争を勝ち抜くことはできません。貪欲に学習に取り組み、黙々と努力できる謙虚な生徒こそ、着実に伸びていくのです。


保護者の方には、ぜひ近年の医学部受験の実態、とりわけ私立医学部受験の異常事態をご理解いただき、本気の覚悟でお子さまの受験生活を温かく見守っていただければと存じます。


もちろん、合格者を輩出する教育システムや講師・ケアスタッフが揃っていることは言うまでもありません。私たちは、毎年最新入試に対応したカリキュラム編成や講師・スタッフの必要に応じた入れ替え、保護者の方との信頼関係の育成、緻密な情報収集、過ごしやすい学習環境の整備、セキュリティ対策など、プロとしての責務を果たすべく、真摯に努力を積み重ねる日々です。

要するに、受験には生徒、保護者、予備校が一丸となって取り組む必要があるのです。

受験は一生を左右しかねない、人生選択の岐路といえます。ぜひ高い志を持って、より良い仲間とともに、学び続けてほしいものです。奇跡は誰かが起こしてくれるものではなく、自分の意志で起こすものなのです。メディカルフォレストでは、生徒の自律性を育みながら、ひとりでも多くの合格者を輩出することを本気で考え、日々指導にあたっております。以上の趣旨をご理解賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

医学部専門予備校メディカルフォレスト
校舎責任者 小川雅彦

メディカルフォレストの特徴

3つの特徴

完全定員制

生徒一人ひとりを個別にコンサルティングし、
合格までの学びをしっかりとサポートします。

心技体を鍛えるメソッド

一生モノの「基礎学力」と「人間力」の
両方を養うためのカリキュラムがあります。

安心な設備と環境

安心・安全な街にある学び舎で、
快適な設備や学習環境、提携寮などを提供します。

4つの安心

きめ細かなケアシステム

定期面談・電話連絡

普段の生活状況について、女性スタッフから保護者の方に、定期的にお電話で報告を行うとともに、保護者の方の予定に合わせ、面談を随時実施します。ランチや薬の手配、体調の相談などについても、困ったことがあれば女性スタッフが丁寧に対応いたします。

授業報告書

集団授業・個別指導を問わず、担当講師全員から、毎月お子さまの授業報告書をお送りします。講師は、生徒一人ひとりの普段の授業態度や理解の程度などをしっかり把握していますので、授業中の様子やちょっとした変化まで、保護者の方へこまめにご報告します。

出欠報告書

メディカルフォレストの出欠報告書は、単なるタイムカードではなく、どの授業に出席し、どの授業を欠席しているかが分かるように、全ての授業の出欠状況を示したレポートです。お子さまの遅刻や休講、振替での出席なども分かるようになっています。

成績表

月例テスト、チェックテスト、公開模試など、実施した全てのテストの成績は一覧表にしてお送りします。特に、毎月実施する月例テストの成績表には、単に得点や偏差値の推移だけでなく、講師たちの意見を集約して代表がまとめた詳しい学習アドバイスまで記されています。

保護者会

定期的に保護者の方にお集まりいただき、最新の入試動向や受験を乗り越えるための心構えなどを全員で共有します。座談会形式で行いますので、気軽に質問をしていただいたり、同じ悩みをお持ちの保護者の方々と交流をしていただいたりと、保護者の皆さまにご活用いただける場となっております。長年医学部受験を見守ってきたプロ講師が医学部受験のイロハからご説明しますので、初めての方でも遠慮なくご参加ください。

入試情報通信

メディカルフォレストでは最新の入試結果や、入試日程、難易度、変更点など、受験に必要なものを一覧にした便利な資料を作成しています。毎年の最新情報を収集し、まとめたものを、随時お送りします。

確実に学力を上げるメソッド

合格実績

メディカルフォレストでは、開校初年度において、入学者全員を合格させることができました。また、毎年在籍生徒の8割以上が合格し、これまで輩出した合格者数は200名を超えています。生徒一人ひとりの性格と学習状況を把握しながら粘り強く指導し、受験戦略を間違わなければ必ず試験に合格できる、ということが証明されたと確信しております。これからも良質な教育サービスを追求し、一人でも多くの受験生の夢を実現するために、講師・スタッフ一同、真摯に努力してまいります。

3つの授業形式

メディカルフォレストでは、「集団授業」「個別指導」「単科ゼミ」を組み合わせた独自の教育システムを採用しています。「集団授業」や「単科ゼミ」ではまわりと競い合わせ、「個別指導」では一人ひとりのペースに合わせて弱点分野をフォローします。授業を通して得られた「分かる」を、復習タイムや自習で「できる」に変えることで、自力で問題を読み解く力を磨き上げます。そして徹底した反復学習によって、ケアレスミスを最小限に留めてスピーディーに問題を処理する力を身に付けます。

2次試験対策

緻密な情報分析によって圧倒的な合格実績を持つ日本語講師が、時間無制限で、納得いくまで何度でも指導いたします。生徒の実力をみながら、その生徒に必要な課題を毎週出し、本文要約や意見論述のトレーニングをします。そして一人ひとりの答案を添削しては書き直しをさせ、合格レベルに到達したら終了となります。論述力は地道に書き続けることによって確実に身に付きます。本科生コースの場合、料金は学費に含まれておりますので、追加料金は一切不要です。全ての教科の底上げにつながる徹底した日本語力の指導は、他の予備校にはないメディカルフォレストの魅力の一つです。

個別数学

本科生コースの数学は、集団授業に加えて、個別指導でも補強を行います。というのは、とくに女子受験生は一般的な傾向として数学を苦手とするケースが多く、理解度にもそれぞれ固有の特徴があります。そこで、少人数ゼミでは、医学部入試で求められる合格レベルの内容をまわりと刺激しあいながら学び、いまいち理解がしっくりこない分野については、自分と相性の良い講師からマンツーマンで指導を受けることができます。このように、一人ひとりに手厚い数学のカリキュラムを設置しているのは、メディカルフォレストの特徴だといえます。前期は弱点分野を集中的に攻略し、後期からは志望大学の傾向に特化した対策を行います。傾向を分析することで必要な範囲をある程度限定し、基本問題を見た瞬間にミスなく解けるレベルまでに精度を高めることに徹しましょう。

立地環境・セキュリティ対策

快適な学習空間

自由が丘校は日本で唯一、女子のためだけの学習空間を提供しております。男子生徒との恋愛やほかの生徒とのトラブルなどに振り回されることなく、落ち着いて受験勉強に集中できますので、ご安心ください。また、女子の体感に合わせて温度・湿度・気流の調整がなされた空調、レースのカーテンで仕切られ、プライバシーが確保された自習のための個別ブース、マウスウォッシュや歯ブラシといったトイレのアメニティなど、心身ともにリラックスできる快適な学習環境をご用意しています。また、池袋校には集団授業を行う教室や休憩スペースだけではなく、完全個室の個別指導館があります。個室では外部の音が遮断されていますので、隣の授業を気にすることなく授業に集中できるような構造となっております。

周囲の環境・寮設備

駅周辺から少し離れた、閑静な住宅街に存在する校舎は、コンクリートの頑丈な建造物ですので、耐震性に優れております。周辺には公園や神社などがあり、気分転換するには最適なエリアです。また、校舎近隣の提携寮をご紹介することができます。食事付き、バス・トイレ別など、ご希望に応じた内容の寮をご案内いたします。立地条件の良さに加えて、セキュリティもしっかり確保されていますので、ご安心ください。さらに、校舎から徒歩1分以内の場所に病院もありますので、急に体調を崩した場合にもしっかり対応することができます。

出欠メール・オートロック

ICカードをカードリーダーにかざすことで、登下校を瞬時にお知らせするメールをご家庭に配信するシステムを導入しております。これにより、出欠の確認や校舎での時間勉強など、離れていてもお子さまの行動をしっかり把握することができます。また、メディカルフォレストの出入り口はオートロック式で、部外者の自由な出入りはできません。また、騒音もシャットアウトされますので、しっかりと勉強に集中できる環境をご用意しています。

非常食・防寒具備蓄

大切なお子さまをお預かりする教室では、不測の事態に備え、毛布や非常食、非常用トイレ、飲料水などの防災用品を完備しています。また、スタッフの防災教育や避難場所への誘導訓練も実施し、いざという時にも安心できる環境づくりに尽力しています。

医学部受験に精通した女性スタッフ

話しやすい女性スタッフ

メディカルフォレストには、清潔感や優しさ、包容力のある女性スタッフが多く在籍しています。それは、単に事務的な仕事や勉強のサポート役としてだけではなく、受験生にとって居心地の良い空間を作り出すためでもあります。さりげない気配りや心配りはやはり女性スタッフだからこそできるもの。お姉さんのような目線で生徒たちをいつも優しく見守り、「こんにちは」「おつかれさま」など、毎日の声かけをしながら生徒たちの様子に気を配り、ちょっとした相談や世間話などのコミュニケーションをとっています。

医学部合格者の保護者スタッフ

実際に我が子を医学部に合格させた経験のあるスタッフも在籍しています。そのため、生徒からだけでなく、保護者の方からもご相談を受け付けております。実際の経験者だからこそ分かる、我が子の受験への対応の仕方やお悩みの相談を通して、ご家族が一致団結して受験に臨めるようにアドバイスいたします。

進学アドバイザー

メディカルフォレストには私立大学の職員経験を持つ進路・進学アドバイザーが所属しています。大学受験へのアドバイスだけでなく、個別の面談・カウンセリングも行い、受験生や保護者の方との心の繋がりを大切に、生徒が勉強だけに集中できる環境づくりに尽力しています。

教育指導・メンタルケア

常駐のスタッフ以外にも、日本コーチ協会メディカルコーチ資格、心理学・言語学・脳神経学からのアプローチを融合させた実践型心理学NLPの全米協会公認トレーナー資格を持つスタッフがメンタルトレーナーとして在籍し、目標設定手法やモチベーションコントロールについても指導します。また、全ての講師・スタッフが、相手を思いやるさりげない気配りや、社会問題についてのディスカッションなどを通じて得られる「品格」や「教養」、相手の気持ちを汲み取りながら自分の主張を伝える「対話力」、そして何よりも自分の力を信じて最後までやり抜く「精神力」など、医師に必要な「人間力」をバランスよく鍛えていきます。

さらに詳しく