孤立しないように
周りとのつながりを大切にしよう

関西医科大学医学部医学科 正規合格
SGくん 長野県立長野高等学校出身

先生とよく相談して戦略を決めよう

特にこれから浪人生活を始める人には心に留めておいてもらいたいのですが、自習の仕方については、必ず先生と話しあって決めましょう。受験に失敗する人は変なプライドを持っていることが多く、周りからのアドバイスを素直に受け入れません。こういう人は、成績が上がりません。私もそうでした。素直であることは成績を上げる秘訣だと経験上思います。

なるべく早く自分の成績と志望校を上手く比較しながら、成績を上げるのに必要なことを理解しましょう。メディカルフォレストの強みとしては、先生がしっかり私たち生徒を見ていてくれます。きっと、先生にアドバイスをもらえば自分にあった勉強スタイルを確立できます。

ときには成績が伸びず不安になったり、うまくいかずイライラもすることもあるでしょう。しかし、自分に合った勉強法が確立できたら自然と成績は上がります。それまでの我慢も、将来医師として活躍するためには必要な試練だと思って乗り越えて下さい。

規則正しい生活と感謝の気持ち、そして仲間との出会い

当たり前のことしか言いませんが、しっかり朝ご飯を食べましょう。そして規則正しい生活リズムを作りましょう。授業中に寝てしまう生徒は多いですが、もったいないです。そうならないように睡眠時間はしっかり取るようにして下さい。この当たり前のことができるだけでも成績はかなり上がりますよ。

また、勉強できる環境を与えてもらっていることをしっかり理解し、家族や先生、教務スタッフの方々に感謝の気持ちを忘れず勉強に励みましょう。さらに、ライバルでもあり、仲間でもある周りの生徒と積極的にコミュニケーションを取って、自分に活かせそうな情報を集めることも大事です。人は必要な時に必要な人と出会います。どんな出会いもきっと意味を持ちます。一つ一つの出会いを大切にするのも成功の秘訣です。

最後に、再三言わせてもらいますが、家族に対する感謝の気持ちを忘れてはいけません。私たちは、誰かに支えてもらって日々を過ごしていけるのです。誰よりも自分を応援してくれ、力になってくれるのは家族です。困難な道のりだからこそ、家族二人三脚で歩んでいきましょう。きっと乗り越えられます。

SGくんのお父さまより

この1年間、いろいろと相談にのっていただいたことに感謝いたします。念願だった医学部に進学できることになり、大学を休学してまで医学部に再挑戦させた甲斐がありました。親として本当にうれしく思います。

担当スタッフより

紆余曲折の受験生活だったと思いますが、フォレストにきて1年で合格できて本当によかったですね。真面目で素直なSGくんなら、きっと患者さんに寄り添った、立派な医師になれるでしょう。本当におめでとうございます!