医師になるという自覚が
合格を引き寄せる

岩手医科大学医学部医学科 一般正規合格
MDくん 福島県立磐城高等学校出身

試験会場に入って、自分の甘さに気づいた

私が現役生だった頃、同じ部活に所属していた一つ上の先輩が現役で医学部に合格したと聞いて、私も努力すればきっと合格できると信じ込み、2年間医学部に向けて自分なりの精一杯の努力をしてきたつもりでいました。

しかし、実際に入試が始まり試験会場に入った瞬間、「私はなんて甘い考えでこの1年を過ごしてきたのか」と衝撃を受けたことを今でも覚えています。何千人いる受験生の中でたった一握りしか合格できない事実を突きつけられました。他の人は私以上に医学部に対して努力してきているのがわかりましたし、私はただ与えられた課題だけをこなし、医学部に向け頑張っているアピールをしているだけだったんだなと考えされられました。

結果は当然1次試験すら受からず浪人生になることが決まりました。このことを家族や先生に伝えたとき全員が「残念だったね。」と言ってはくれましたが、心の中ではおそらく予想どおりだったな、と感じとれ、元々の今の学力ではいろいろ足りなかったんだと思いました。

メディカルフォレストを選んだ決め手

予備校を決めるとき、インターネットや資料案内で探しましたが、たくさんありすぎてどこの予備校を選べばいいのかわかりませんでした。実際に体験授業を受けたり、説明会を聞いたりして、予備校にも様々な特徴があることがわかりました。

学校みたいに大人数で授業を受ける予備校、少数で一人ひとりに力を注ぐ予備校、完全に一人で集中して先生の補助を受けて自力で突き進む予備校など、自分の勉強スタイルや過ごしやすい雰囲気・環境で自分に合った予備校を見つけることが、1年でどこまで成績が伸び、変わることができるか、の決め手になると思います。

私は大人数の中で積極的に前に出るタイプではありませんし、自力で出来る自信があれば参考書を買って一人でどんどんやればいいと思っているので、メディカルフォレストのように、少人数で授業を受けて一人ひとりに真摯に対応してくれるところに行くことができてよかったと思っています。

もし予備校を選ぶなら業績ももちろん一つの要素ではありますが、1年間過ごすため自分にとって何が必要なのかを考えないと予備校はただ辛いだけの息苦しい場所になってしまうと思います。

私が医学部予備校に通う中で一番良かったなと思うのは、医師について深く考える機会を与えてくれたことです。私はこれまでに「医師になりたい」と口にしながらも、親が医師であるからという理由だったり、医学部を狙える可能性のある成績だったからであったりと、自分が本当に心から、何が何でも医師にならなければならないという強い意志がありませんでした。

そんな中、メディカルフォレストで各医学部試験の対策をしたり、医学部で実際に行われる様々な実習を体験して、ここでやっと自分は本気で医学部を目指さなければいけない立場に立っていたんだと気づき、改めて私はなぜ医師を目指しているのかを考え直すきっかけになりました。

意志が固まると「勉強法がわからない」「上には上がいる」・・・等弱音を吐いて逃げたくはないなと思うようになり、講師の先生から少しでも知識を吸収しようと自分から質問をするなど積極的になれたと思います。

どれだけ医師になりたいかが大切

医学部に受かるために一番必要なのは、自分がどれだけ医師になりたいかを自覚することだと思います。どんなに他の人から話を聞いたり、本で読んだりしても結局は身につかないと思いますし、正直他の人から教えてもらった勉強法も自分には合わないなと思ったら全くやりませんでした。

自分がどうやったら変わることができるのかをメディカルフォレストはきちんと向き合ってくれました。しかし、与えられた機会を活かしきれるかは自分次第です。もし本気で医学部に入りたいなら今自分に何が足りないのか、自分はどんな環境で勉強をしたいかを知っ て、自分に合う予備校を選ぶ事が 1年で合格できる決め手だと思います。

担当スタッフより

とにかくまじめに勉強に取り組む姿勢が印象的でした。苦手な英語はとくに個別の先生の熱意溢れる指導もあり、しっかり克服できましたね。この経験を活かして立派な医師になってくれることを期待しています。