講師対応満足度No. 1 1年合格カリキュラム満足度No. 1 少人数制医学部専門予備校No. 1

調査方法:インターネット調査,調査期間:2019年8月2日〜7日

調査概要:少人数制医学部専門予備校10校を対象にしたサイト比較イメージ調査

調査対象:全国の20代〜50代の男女1052名,アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

二次まで合格して
はじめて意味がある

埼玉医科大学医学部医学科 一般合格
YAくん 私立桜美林高等学校出身

メディカルフォレストに決めたきっかけ

現役時代の私の受験勉強は失敗して当然の勉強の仕方だったと思いました。具体的に言うと、基礎問題に力を入れず、復習もやらず、ただただ難しい問題を出来るようにという気持ちで応用問題ばかり解いていました。そして浪人が決まり、メディカルフォレストに話を聞きに行った際、「復習する時間はちゃんと確保してある」ということを聞き、ここならこれまでの突っ走る勉強ではなく、地道に勉強できると思い入塾することだと決めました。

メディカルフォレストは、少人数であるということを大切にしており、先生やアドバイザーに自分の不安を聞いてもらうことや勉強のアドバイスをもらうことができます。これは少人数であることの強みだと思います。私も受験直前等は話をして不安を少しでもなくすことが出来ました。

化学を克服できたのがカギ

私はこの1年で化学がとても伸びました。理系の受験では、現役生と浪人生の大きな差は理科だと思います。現役時代、私の中では化学は出来る方だと思っていました。それは有機ができるだけで出来たと思っていたからです。実際には無機・理論などが全然ダメでした。そんな私が化学が得意いなれたのは、吉野先生のおかげでした。テストの結果が悪く、個別授業で化学を取ることにしました。

フォレストのOBの方に話を聞いたとき「化学については吉野先生の授業をうけていれば心配ないよ」と言われましたが、実際は半信半疑でした。がとりあえずやってみようと思い授業を受けていました。吉野先生の授業ではプリントの解く量が多く、それをコツコツこなしていき、もらえる冊子で有機・無機等をすき間時間にやっていました。結果、受験で化学で点数を稼ぐことができるようになりました。個別授業等を用いて、自分の出来ない教科を無くすことができれば合格に近づくと思います。

息抜きの仕方も大切

私の息抜き方法について紹介したいと思います。受験迄の10か月間すべて勉強するというのは出来なくはないでですが難しいです。最初に言っておくのが息抜きすることはいいですが、メリハリをつけることが大切です。

多くの人は食事をした後眠くなると思います。これは仕方ないことだと思います。私は眠い中勉強に集中できないので10分ほど寝るようにしました。寝なくても目を閉じているだけで起きた際凄くスッキリした気分で勉強出来ました。眠い中、ダラダラ勉強するよりも思い切って寝ることも大切だと思います。ただし、寝すぎないようにしましょう。

もう一つ息抜きとして、フォレストは日曜日は自由登校なので帰る時間も自由なので早めに帰り運動していました。浪人生は頭だけが疲れるので、体も疲れることでぐっすり寝ることが出来ました。

これだけは伝えたいこと

最後にこれから受験勉強する受験生の皆さんに私から伝えたいことが3つあります。

1つ目は復習を大切にしましょう。フォレストでは自分の自習時間があるのでそこでその日に習ったこと復習してください。1日1個ずつやれば自分が出来ないことが減り、自分の出来る事が増えます。今は1日1個では少ないと思うと思いますが、受験が近づいてきた時、受験があと何日となったとき、その1日1日出来ないものをつぶすことができれば合格も近づきます。

2つ目は皆さんは医学部受験は浪人が当たり前だと思っています。私も思っています。でも浪人があるからと受験が終わる前に思わないでください。自分はこの1年で受かるという気持ちを持ち続けてください。私は現役の時、浪人あるからと途中で思ってしまい、勉強に身が入らなくなりました。浪人するしかないは受験が終わってから考えれば良いことです。受験が終わるまでは、今年で受かると思って勉強してください。

3つ目は私がフォレストに入る際にパンフレットでOGの話を読んだとき、「二次まで合格しなければ意味がない。目指すことは誰にでもできます」ということが書かれていました。小学生でも目指すことは出来ます。私も今年、補欠を貰い、3月30日迄補欠が回ってきませんでした。待っている間、OGの言葉がすごく胸に刺さりました。実際、友達に一次受かったと言っても医者になれるわけではありません。なので皆さんも一次だけではなく、二次を勝ち取ることが出来るようにこの1年頑張ってください。

皆さんの努力が実り、来年笑顔でフォレストの卒業を迎えられることを心から願っています。健康に気を付けて頑張ってください、応援しています。

YAくんのお父さまより

喜びで一杯です。そして、メディカルフォレストの皆様への感謝の気持ちで一杯です。一流進学校ではない高校出身で受験勉強を始めたのが、実質的には高3の夏以降という生徒をよくここまで引っ張りあげていただいたと思います。望月さんの丁寧なご説明に信頼感を得て入学を決めることが出来ました。勉強の進み具合、模試の結果等を本人が話さないため、進み具合や悩みや本音がわからなかったことには苦労しました。その都度、貴校のスタッフから状況を教えていただいたり、本人の本音を聞いて共有していただきました。渡邊さんには、一次試験から二次試験までの、一番苦しい時期に親身に相談にのっていただきました。ほんとうにありがとうございました。

担当スタッフより

最後の最後までやりきって、後期も全部受けて、ダメかもしれないと思ったところに大学から連絡が入って、本当に人生ってどこでどうなるかわからないものです。本当に合格おめでとうございます!