講師対応満足度No. 1 1年合格カリキュラム満足度No. 1 少人数制医学部専門予備校No. 1

調査方法:インターネット調査,調査期間:2019年8月2日〜7日

調査概要:少人数制医学部専門予備校10校を対象にしたサイト比較イメージ調査

調査対象:全国の20代〜50代の男女1052名,アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

今までの勉強や生活と決別する
それへの挑戦だったこの1年

東邦大学医学部医学科 一般選抜
ANさん 私立栄東高等学校出身

はじめに

私は幼い頃から医師に憧れていたのですが、学力が足りず、高校3年次の夏までは軽い気持ちで薬学部に進学しようと考えていました。ですが、3年次の夏に勉強に行き詰まり、したいこと以外のために勉強をする意味が分からなくなったことから、本当にしたいことは何かと考え、浪人をして医学部に進学するという決断をしました。

私立の薬学部に進学するつもりだったため、生物と数IIIは未学習に近い状態でした。そんな中、母の勧めから私はメディカルフォレストに入塾しました。生物と数IIIの2科目が未学習かつ化学が不得意であっても、医学部にきちんと合格出来たのはメディカルフォレストを選んだからこそだと思います。

また、この2年間の浪人生活を通じて努力することや自分と向き合うこと、他者と協力することなどの大切さを改めて実感することができました。浪人をしたことで得られたものは大きく、今後の人生においてもこの2年間はかけがえのないものになったと思います。

苦手科目

先述の通り生物と数IIIは未学習に近い状態で化学も苦手でしたが、それを克服し合格することができました。

まず、化学の成績アップは吉野先生のおかげです。高校まではどの先生の授業を受けても「何となく分かった」止まりでした。ですが、吉野先生は質問に行くと私が分かるまで丁寧に教えて下さり、きちんとした理解に繋げることが出来ました。また、吉野先生のプリントを丸暗記したことで無機有機化学の知識はほぼ完璧になりました。

次に、数学の成績アップは水橋先生のおかげです。水橋先生の出す問題は程よい難易度のものが多く、苦手な数学でも「ここまでは自分で解けた!」という事実が自信に繋がり、もっと勉強したいと思えました。また、今まで聞いたことのない公式を沢山教えて下さり、それを使うことで他の受験生と差をつけられたと思います。

そして生物については、太田先生のおかげです。太田先生の作る授業プリントは、難易度の高いものが多く覚えるのに苦労しましたが、考察問題とその答えも含めて覚えておいたことで入試においてとても有利になりました。

また英語は、苦手とはしていませんでしたが石丸先生の指導により高いレベルを目指すことが出来ました。単語や熟語、その他知識を固めることで文章を読む速度が上がり第一志望に合格できたと思います。

メンタルを維持する方法

受験においてメンタルを維持することはとても大切なことです。

私がメンタルを維持するためにしていたことは(1)日曜日は休息日にする(2)自分が悩んでいる原因を考えるです。

(1)9月頃までは日曜日を休息日にしていました。特に休息日に会う人やすることを決めていると、その楽しみのために頑張ろう!と思え、やる気を出すことが出来ました。また、この日にストレス発散することで翌週のモチベーションにも繋がりました。

(2)自分が悩んでいる原因を知ることで、それを解決するための方法を考えることが出来ました。例えば、成績不振に悩むならひたすら勉強したり、ストレスが溜まって理由なく落ち込むなら思いっきり遊んだりすることです。自分を知り、自分と上手く付き合っていくことで合格に近付けたと思います。

最後に

この1年は、今までと同じ勉強法や生活スタイルでは合格できないと思いそれを変えていく挑戦の年でした。今までの自分のやり方とは違うやり方をするため、ストレスも多くありましたが、少人数制の環境であったからこそ先生方や事務の方々、生徒とも良好な関係を築く事ができ、とても良い状態で勉強に取り組めたと思います。

最後になりますが、入塾を考えている方、そして既に入塾した方様々な方がこれをお読みになっているかと思います。メディカルフォレストは勉強をするためのとても良い環境を提供してくれます。本気で受かりたいならこの予備校で長い人生のたった1年間本気で頑張ってみてください。応援しています!

担当スタッフより

ANさんはとても成長したと思います。自分に足りないものを謙虚に見つめて、改善していく姿勢はとてもすばらしかったです。合格おめでとうございます!