いよいよ医学部受験へ出陣です!

今年の医学部入試はいくつかの大学で大きく日程変更があり、波乱が予想されます。 同一日程で受験が行われる大学では、どちらかに受験生が流れると、もう一方の大学の倍率が極端に下がりかねません。 いわゆる穴場ですね。 攻めの気持ちでレベルの高い大学へ挑むか、堅く守って確実に合格を狙うか。 さあ、みなさんはどういう出願日程戦略でいきますか。 一旦決めたら、あとは腹を括って、思い切って実力を ... 続きを読む

途中で勉強に耐えられなくなりそうな人へ

今日は私の2浪目のときに苦労した話をしたいと思います。 浪人中なにが大変だったかについてまず話したいと思います。 一番大変と言われると全部辛かったのでなんともいえませんが、私は特に負けず嫌いだったので1浪目の子や現役生の子がどんどん成績が上がっていく事をみるのが辛かったですね。 それに加えて親のプレッシャーもありましたね・・・ 浪人はおかねもかかるし今年で決めなくちゃ!って ... 続きを読む

推薦で入学した生徒は優秀な人が多い!

東邦大学では附属の高校から推薦で入学した人たちがいますが、みんな優秀です。 成績の上位を占めているようです。 普段からコツコツと勉強する習慣が身についているからだと思います。 性格がまじめだということもあります。 聖マリの友だちも言ってましたが、推薦で入学した生徒に優秀な人が多いようです。 大学側も推薦入試の合格者を増やすかもしれませんね。 ちなみに今年の東邦1年の半分は女子で ... 続きを読む

埼玉医大の実習

最近行っている実習について話したいと思います。 臨床入門という実習では、5年生に進級した際に行わなければいけないことを学んでいます。 例えば、手洗い実習や、手術着を着る練習のどを行っています。 手洗い実習ではこんなにも手を洗うのか!と本当に驚きました。 ブラシで爪の間を洗ったり、ひじの手前まで洗ったり…手洗い一つをとっても手順ややり方がきっちりと決まっていることに驚きました。 ... 続きを読む

聖マリの夏

聖マリの1年生の夏休みは7月~8月にかけて約4週間あります。 1年生は新カリキュラムのため、2年生以上の学年よりも1週間短い休みです。 夏休みには、運動部に入っている人は東医体があるため、そのための練習や合宿などで忙しいです! 夏休みが終わると、2年生以上はすぐに、1年生は2週間の授業を挟んで試験が始まるので、夏休みの間に勉強をかなりやっておかないといけません。 部活に入っていると ... 続きを読む

2017年度入試「合格必勝」ガイダンス開催

■イベント1 女医になる夢を掴む!!医学部受験、はじめの一歩☆ 超激戦の医学部入試。合格を勝ち取るためには、まずは基礎知識をしっかり知ることです。 最新の入試情報を交えながら、わかりやすく丁寧にご説明いたします。また、学習計画に基づく具体的な勉強法や、入試のテクニック、合格のために絶対に必要なポイントなど、余すところなくお話しします。医学部を目指す受験生とその保護者の方は、是非ともご参加く ... 続きを読む

繰上合格の嵐

2016年度の入試は繰上合格がかなり出ました。 たとえば、今年から新設された東北医科薬科大学では、197名が繰り上がりました。 また東京女子医科大学では過去最高の72名、聖マリアンナ医科大学では4月5日まで繰り上がる状況でした。 そのため、4月になっても動きがあり、受験生は相当精神的に追い込まれたはずです。 こうした動向は、国立受験者がかなり私立中堅レベルの大学まで受験していることに起 ... 続きを読む

埼玉医大生の夏休み

私の大学はテストが終わってから夏休みに入るので 今は思いっきり夏休みを満喫しています。 大学によっては夏休み明けにテストがある大学もあるので勉強もしなくてはいけない………なんてこともあるそうですが………。 夏休みを満喫といっても 東医大という一番大きい医学部だけの大会があるので部活に入ってる人は練習、練習の毎日だとは思いますが…………。 一生懸命練習するのも楽しいですよ! 練習の合間に ... 続きを読む

来年の帝京はなにかがちがう!

帝京では、来年の入試から公募推薦入試を導入するようです。 資格条件は評定が4.0以上、現役であることです。 福島県地域枠推薦入試のみ、福島県内の高校に在籍していること、福島県地域医療医師確保修学資金を受給することが追加されます。 今年の入試では3科目選択だったのに対し、英語必須で、2科目選択になりましたが、来年の入試から学科試験と面接試験が分離し、面接と小論文の試験が別日で実施されること ... 続きを読む

藤田後期が来年から廃止

来年度の一般入試から、後期試験が廃止され、センター利用入試(後期)が導入されます。 これにより、5教科9科目が必要となります。 一般入試の小論文が廃止されたばかりで、大学では入試の改革が毎年されています。 学費も年々減額され、6年間の学納金が約3600万円から約3000万円となり、より優秀な学生を幅広く受け入れようとする大学側の意図がみえます。 さらに、推薦入試では、評定4.0以上 ... 続きを読む