カテゴリー別アーカイブ: 医学部入試の小論文

メディカルフォレストの講師陣

2019年5月18日

メディカルフォレストの講師陣は、全員がキャリア豊富な指導経験と確かな実績を持つ、医学部受験に精通したプロフェッショナルです。

講師の役割は授業だけにとどまりません。

学習方法・添削指導などに対しても時間と労力を惜しみません。

そんな自慢の講師陣が少人数教育の下、生徒一人ひとりを合格レベルまで引き上げていきます。

メディカルフォレストでは、生徒と信頼関係を築きながら合格へと導く、最良な講師と出会うことができます。

体験授業を随時(無料・要予約)行っていますので、校舎見学を兼ねてぜひ一度ご来校ください。

アドバイザー 青木

高校生対象!小論文講座開催のお知らせ

2019年5月14日

今週末は、小論文講座がありますので、内部生のみなさん(特に受験生)は忘れずに参加してくださいね。

 

前回は、授業内に演習を行い、時間内に課題を書ききってもらいました。

初めてきちんとした小論文を書いた!という生徒もいましたが、みなさんとってもよく書けていたようです。

 

ただ、上手に文章を書けても、知識が足りなかったり、言葉を知らなかったりなど…試験前に慌ててもすぐには補えないですね。

そのため、早い対策をお勧めします。

 

今月は、最近の小論文・面接で頻出している話題についてを学びます!

体験参加も可能ですので、ご興味ある方はお問合せください。

 

■5月19日(日)13:00-15:50(160分)

■自由が丘校舎

 

アドバイザー 渡邊

アンガーコントロール

2019年5月8日

5月に入り、日曜日には模試もあり、そろそろ疲れが溜まってきた頃かと思います。

疲れやストレスが溜まると、誰かや何かを責めたくなることがあると思います。「自分はこんなにがんばっているのに」、「こうあるべきなのに」と理不尽な怒りを外部に向けがちです。対象となるものは、社会かもしれない、親かもしれない、電車で乗り合わせた知らない人かもしれません。

誰しも、怒りたくて怒っている訳ではありません。怒りとは二次感情であり、そのもとには、自覚していない「自分の価値観を分かってほしい、自分を承認してほしい」という一次感情があるものです。怒っている時、自分でもその怒りがどこから来るのかわからずに、怒っていることさえ自覚していない場合もあります。

怒りが収まらないときは、深呼吸をしましょう。感情に支配されてはいけません。ネガティブな感情で回りを巻き込んではいけないからです。自分の価値観や知識だけで判断せず、広い視野を持って、感謝の気持ちを持ちましょう。感謝の気持ちを持つだけで、穏やかな気持ちになれることは言うまでもありません。

怒ることは悪いことだけではありません。怒りをパワーに変えれば、何かを成し遂げることだってできます。勉強に集中して、良い結果を残すことにもつながります。

怒りを感じたら、このことをちょっと思い出してみてくださいね。

教務 松井

令和元年

2019年5月1日

今日から令和が始まりました。フォレスト生のみなさんは全員平成生まれ、初めて体験する改元ですね。

勉強漬けの生活は、テレビや新聞を読む暇もなく、世間と隔絶されている環境かもしれません。(中には、昨日が平成最後の日だと気付いていない生徒もいました!)たまには、日本国内だけでなく、海外のニュースにもある程度目を通すようにしてください。政治、経済、医学、事件、事故…自分の考え方や感情に影響を及ぼす出来事が多々あると思います。それらを小論のネタとして用意しておくのも良いでしょう。

平成の日本は、災害は度々発生しましたが、戦争はありませんでした。しかし世界には、紛争、貧困、飢餓にさらされている国、地域が驚くほど多くあります。常に視野を広く持ち、人や社会に貢献できる医師を志してほしいと思います。

教務 松井

低気圧対策

2019年4月24日

今日は朝から雨が降ったりやんだりの空模様でした。こんな日は、低気圧の影響で頭が痛い、肩が重い、耳や関節、古傷が痛む…等様々な症状が出がちですよね。だからと言って、時間は待ってくれません。今日は頭が痛くなりそうだな、と感じたら、早めに薬を飲んでおくのも一つの手です。受験生にとって大切な学習時間。出来る限り体調不良に悩まされたくないものです。無理に我慢せずに、少し休んだり、薬を服用するなどして、早めに対策をしましょう。

頑張れフォレスト生★

教務 松井

小論文授業のお知らせ~中高生コース~

2019年4月16日

医学部の小論文は、大学・年度によってその形式は多岐に渡ります。

自分が受ける大学の過去問をもとに対策をすることも必要ですが、年度によって傾向が変わってしまうことも大いにあり得ます。

実際に、今年度の入試ではテーマ型から文章読解型に変更された大学もありましたので、全てに対応できるように準備しておくことは大切です。

入試直前になっていきなり練習をしても間に合いませんので、この時期からしっかりと対策をしていきましょう!

日時:4月28日(日)3・4限

場所:自由が丘校舎

定員になり次第締め切りとなりますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

アドバイザー 渡邊

中高生対象★小論文講座のお知らせ

2019年3月20日

早いもので、2020年度の入試まであと10か月となりました。

受験学年のみなさんはより一層気を引き締めていきましょう。

 

さて、小論文講座のお知らせです。

日時:3月31日(日)16:30-17:50

場所:自由が丘校舎

2019年度入試の傾向を振り返りながら、実際に課題にも取り組んでもらう予定です!

定員になり次第締め切らせていただきますので、ご興味のある方はお早めにお問合せください。

2次試験対策始まっています

2018年12月9日

今年は、曜日の関係からセンター試験が例年より遅く、それに伴い医学部の入試日程が詰まっています。

そのため、2次試験直前に慌てても十分な対策が出来ませんね。早めの準備が肝心です!

2次に不安がある方は、お気軽にお申し付けください。出願準備から小論文添削、面接練習などお手伝いさせていただきます。

アドバイザー 渡邊

 

中高生・冬期講習会のお知らせ

2018年11月9日

12月下旬~1月下旬の冬休み期間に合わせて、中高生対象の小論文講座を実施します!

指定校推薦や公募推薦を考えている人はもちろん、2次対策をするのはまだまだ先の話だよ…と思っている高校生も必ず参加してください!

 

実際、まだ対策しなくて良いかな、と思っている人も多いかもしれません…

でも、まだ良いかな、と思っているみなさんは、いったいいつ対策をしますか?高3生になって焦っても、すぐに書けるようにはなりませんね。

この冬、小論文に対する漠然とした不安を取り除きましょう!

外部生の方もご受講いただけますので、是非お問合せください。

 

センター試験まで、71日。
私大医学部初日まで、74日。

がんばれフォレスト生

アドバイザー 渡邊

時間配分に気を付けよう!

2018年10月22日

 

こんにちは、アドバイザーの望月です。

大学入試センター試験の出願総数も発表され、

前年よりも8,685人増加したとのことでしたね。

残り3か月、計画をしっかりたてて学習していきましょう!

 

今日は時間配分についてです。

みなさんもこういったことありませんか??

「最初から順番に解いていたら時間が足りなくなった」

「終了時間最後の方でいつも焦ってしまう」

そうならないためにも、試験の時間配分はとても重要ですよね。

時間がかかりそうな問題は後回しにして、すぐに解ける問題から解いていくのも作戦です。

 

1.全問を見る

>>すぐに解けそうな問題、時間がかかるが解けそうな問題、解けそうにない問題に分ける。

2.解く

>>10分経っても分からない問題は、次の問題に移る。

3.飛ばした問題に取りかかる

>>飛ばしたところのマークミスは要注意です。

4.見直し

>>見直しは、最低でも10分くらい、すべての問題を解き終わっていなくても見直しをしましょう。

残り10分で問題を解くよりもケアレスミスで完答に失敗している問題を探すほうが安全かもしれません。

時間配分はとても大事なことです。

ケアレスミス、時間配分、今後そういったことも視野にいれながら演習をしてみてください。

 

センターまで、残り89日。

医学部受験初日まで、残り92日。

 

がんばれ、フォレスト生★

 

アドバイザー 望月