カテゴリー別アーカイブ: 女医志望のみなさんへ

全国のみなさん、札幌で医学部受験を目指しませんか!

2019年6月2日

札幌はとてもいい季節になりました。
校舎の近くには天神山緑地があり、日本庭園もあります。

広い大地のなかで、雄大な自然の息吹を感じながら
学べる環境は、日本ひろしといえど、北海道が随一でしょう。

札幌校では、日本全国から豊かな自然環境のなかで
落ち着いてじっくりと学びたい生徒を受け入れています。
寮も校舎の目の前にありますし、とても便利です。

 

 

 

 

 

 

ぜひ北海道だけではなく、日本全国の皆さん、
札幌で医学部受験を目指してみませんか?

スタッフ 小川

丁寧に!

2019年5月22日

採点をしていて、きちんと書かれていない文字に悩むことがあります。

提出物に記入する自分の名前、丁寧に書きましょう!適当に書かれている文字を読むのは、気の滅入る作業です。毎日たくさんの答案やノートをチェックする先生方には大変負担です。解答が正解であっても、採点をする人が読めなければマルにはなりません。入試本番では丁寧に書こうと考えていても、日頃から習慣にしていないと、難しいものです。もったいない減点はなくしたいですよね!

逆に、きれいに書かれているノートや答案を見ると、頭の中もスッキリ整理されているんだな、と感じます。一事が万事、忙しい毎日ですが、丁寧にこなしていきましょう。

頑張れフォレスト生★

教務 松井

 

ほっと一息。

2019年5月10日

女子専門であるメディカルフォレスト自由が丘校の校舎は、天井が高く非常に開放感がある建物です。

教室内も、さながらホテルのラウンジのように赤いカーペットが敷き詰められていて、落ち着いたインテリアで統一されています。

中でも、トイレのアメニティは充実していて、なんと、トイレ内にもスピーカーが内蔵されています。毎日スピーカーからステキなBGMが流れています。

先日、ある生徒さんから、「トイレのオルゴールの音色に癒されました〜」と嬉しい感想をいただきました。

医学部を志すフォレストの皆さんは、毎時間毎時間がまさに真剣勝負の中で、日々努力されていると思います。その中でどうやって息抜きをするか…なかなか難しいことだとは思いますが、せめてトイレの中では頭を空っぽに、BGMに耳を傾けて、少しでも癒されて気分転換していただけたらと思います。

小さな楽しみを見つけて上手に息を抜く…これも大切なことですよね!スタッフ一同、皆さんの頑張りを心から応援しています。

教務スタッフ 山田

札幌は梅や桜が咲き始めました。

2019年5月5日

まだ寒い時期ですが、
札幌校の近くには、桜や梅が咲く季節になりました。
とてもきれいな色をしています。

 

 

 

 

 

 

受験生は今月から模試が始まり、
実力テストも加わり、連休明けから一気にあわただしくなります。

前期もまもなく半分が終わろうとしています。
桜もすぐ散りますが、受験生活もあっという間に過ぎていきます。
後悔のないよう、一心不乱に復習に邁進していきましょう。

来春に桜を見事咲かせるために!

スタッフ 小川

朝比奈選手。

2019年4月22日

こんにちは、アドバイザー望月です。週の始まり月曜日、朝から気持ちがいいですよね!
 
昨日は、メディカルフォレスト在籍の柔道78キロ超級世界チャンピオン朝比奈沙羅選手(パーク24所属)の公式試合を観戦してきました。凄まじい熱気の中、1試合1試合、集中して取り組む朝比奈選手を、何とも言えない緊張感を感じながら見守り応援し続けました。
 
試合は残念ながら負けてしまいましたが、こんなコメントを残してくれました。「良いところは伸ばし、ダメなところはつぶして修正する」「必ず結果をだす。前だけをみて、後悔のないようにやるだけ」。
 
受験生も同じです、受験までの限られた時間の中で、今の自分とどう向き合っていくか、苦手なところをどう修正していくか、どんなトレーニング=アウトプットをすれば得点がとれるようになるのか。今回彼女が残してくれたメッセージを、フォレスト生全員と共有し1日1日を大事に大切に、日々工夫をしながら前向きに過ごしていこう!と改めて決意しました。
頑張れ、沙羅ちゃん!
頑張れ、フォレスト生!
アドバイザー望月

 

札幌の校舎周辺環境

2019年4月18日

札幌校は、札幌駅から電車で15分くらい離れた、

平岸という、とても閑静な場所にあります。

校舎のすぐ近くには緑地が広がり、白樺が林立しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分転換に散歩するにはぴったりな環境です。

毎日9時から21時まで勉強しているので、

こうした環境は学習効率を上げやすくしてくれます。

夕方からは高校生が集まってきます。

とても皆さん、やる気があって、毎日主体的に勉強しています。

先生方もとても気さくで、いつでも質問に答えてくれます。

札幌校スタッフ 小川

新しい生活

2019年4月17日

この春は寒い日が多く、長く楽しめた桜も殆ど散ってしまいました。生徒のみなさん同士も少しずつ打ち解け、新しい環境に徐々に慣れてきたのではないでしょうか。

初めのころは休み時間や空き時間に、廊下で立ち話をしている人も見受けられましたが、だんだんと課題や、やるべきことが溜まってきて、皆、早々におしゃべりを切り上げている様子です。これからどんどん余裕がなくなってくると思います。気分転換を上手に取り入れながら、空き時間を有効に使って、実のあるフォレスト生活にしてくださいね。

教務 松井

前期が開講して1週間が経ちました。

2019年4月15日

昨日は初めての休暇日でしたので、個々にリフレッシュをしてくれたようで、今朝は清々しい表情で登校してくれました。

今日からまた、1日12時間の学習が始まりました。授業以外にも、勉強時間がしっかり確保されていて、ハード⁉かもしれませんがその分理解力が高まるので効果抜群です。

この生活に慣れるにはもう少し時間はかかりそうですが、時間を大切にして継続して頑張ってほしいと思います!

アドバイザー望月

北の大地、札幌校ついに始動!!!

2019年4月13日

札幌校がいよいよ始動しました。
とても恵まれた環境で、少人数定員制の手厚いケアが生徒一人ひとりを合格へと
導きます。

札幌は国公立志向が強く、ハイレベルな大学ばかりでかなりの狭き門です。
そこで、人によっては私立にも視野に入れながら、勉強を進める必要もでてきます。

ただ、私立医学部に実績のある予備校となると地元ではかなり限られます。
大手はそもそも国立の難関レベルしか相手にしません。
過去問対策や自習の管理まではしてくれません。

そこで、メディカルフォレストでは、少人数定員制のなかで、確実に一人ひとりの
性格や可能性を見極めながら、1年合格を実現させていきます。

「メディカルフォレスト札幌校」8つの強み
駿台や河合塾などの大手予備校講師による少人数指導を対面で受けられます。
②夏期や冬期直前期は、東京での合同合宿を通して、全国の受験生と競争しあえます。
③受験期はそのまま東京の宿泊施設から試験会場に足を運べます。
個人専用の自習ブースがあり、落ち着いた自習環境が整っています。
⑤プロのチューターが全科目の復習チェックや英単語などの知識チェックをします。
⑥独自の合格メソッドにより、国公私立問わず、1年合格率がきわめて高いです。
⑦完全個別ではないので、意識の高い受験生と一緒に勉強できる環境があります。
⑧少人数定員制なのに、学費が良心的で、予算に応じて対応してもらえます。

中高生の皆さん、まだ医学部は漠然とした考えていない方も、数理の対策をしたいという方も、
お気軽にお問合せください。

丁寧な指導、丁寧な対応がメディカルフォレストの強みです。

札幌校スタッフ 小川

少人数定員制の強み!

2019年3月9日

メディカルフォレストはいずれの校舎においても、少人数定員制となっております。

すべての生徒を確実に合格させるためには、人数制限する以外に方法はありません。

質へのこだわり、これがメディカルフォレストの驚異の合格率の高さを支える根源です。

 

今年も、他の予備校で1,2年やっても1次すら合格しなかったのに、

フォレストにきて一発合格した受験生がたくさんいます。

もちろん基礎固めをそれまでにされてきたことも大きいのですが、

実力があるのになぜか受からない、そういう受験生には本人の特徴をしっかり把握したうえで、

緻密な戦略に基づくトータルサポートを徹底的に継続することが必要なのです。

 

とくに大手予備校に通われて結果が出ずに悩まれている方、

他の医学部予備校に何年も通っているのに結果が出ない方、

現役のときはあまり勉強せずに受験してしまったので1年でなんとしてでも合格したいという方、

迷わずご連絡ください。

必ず結果を出せるように、メディカルフォレストが全力でサポートいたします。

 

ただ、各校舎まもなく定員締め切りとなりますので、お早めに個別相談会のご予約をお願いいたします。

また、高校紹介、1次合格、国立志望者など、さまざまなご優待割引もございますので、

詳細は個別相談会にてお問い合わせください。

 

池袋校 残席

自由が丘校 残席

札幌校 残席

大阪ロゴス校 残席

教務スタッフ 田中